プロフィール

きたあかり

Author:きたあかり
文芸書中心の読書日記です。
読書傾向はフリーエリアの円グラフを見てください。 サイトのご案内

フリーエリア
ひとこと掲示板
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

-----(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
04-17(日)

2011年 本屋大賞


12日に本屋大賞が発表になりました。

2004年に創設されて今回が8回目になります。

文学賞といえば、多かれ少なかれ関係者の「思惑」のようなもの

が働くものだと思いますが、過去の受賞作の傾向を見る限りに

おいて、それは最小限度に抑えられているのではないかと思い

ます。 


↓2011年の大賞





↓既読は第二位



レビュー


↓気になるのは第五位



芥川賞受賞作の『石の来歴』が面白かったんだけど、二作目が

イマイチで長い間ご無沙汰しています。 ちょっとというか、かな

り気になります。 既読の方いらっしゃいますか?


すべての受賞作や本屋大賞の詳細はこちら

関連記事
スポンサーサイト
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


 

本屋大賞

王様のブランチでもやってましたね。残念ながら、ひとつも読んでません。「シューマンの指」読んでみたいとは思いました。ただ、音楽は苦手だからなあ。。。

図書館の予約をするときに、きたあかりさんのレビューをかなり参考にしている自分に気がつきました。

 最近読む時間が減って、少しも進みません。少しでも追いつきたいと思うこのごろです。

 

Re:本屋大賞(04/17)

椋とんびさん
>王様のブランチでもやってましたね。残念ながら、ひとつも読んでません。「シューマンの指」読んでみたいとは思いました。ただ、音楽は苦手だからなあ。。。

わたしも「ブランチ」見ました。 窪美澄さん出てましたね。 奥泉さんムズカシイという先入観があるんですよね・・・。

>図書館の予約をするときに、きたあかりさんのレビューをかなり参考にしている自分に気がつきました。

少しでもお役に立てればなによりですが、基本的に甘口レビューなので、そのあたりは行間を読み込んで判断してくださいませ。(笑)

> 最近読む時間が減って、少しも進みません。少しでも追いつきたいと思うこのごろです。

私も時間に追われてしまうことが多いのですが、気合で乗り切っています。(笑)


 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。