プロフィール

きたあかり

Author:きたあかり
文芸書中心の読書日記です。
読書傾向はフリーエリアの円グラフを見てください。 サイトのご案内

フリーエリア
ひとこと掲示板
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

-----(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
04-16(土)

「深く深く、砂に埋めて」 真梨幸子




「今夜も、そして、明日も、あなたとこうしていたい」。ただ、本能の赴くままに、天衣無縫に生きる一人の女。そして翻弄される男たち。その行く末はあまりに惨く、悲しい結末だった。




<感想> ★★★★★

ぜんぜん関係ありませんが、Britney Spears(ブリトニー・スピア

ーズ)が三年ぶりに新譜を出しました。 タイトルはFemme Fatale

(ファム・ファタール)。 運命の女という意味ですが、文芸の世界

では魔性の女。 男を破滅に導く女を描いた作品をそのように呼

ぶようです。


さて、本書はまさにそのファム・ファタール。 冒頭で『マノン・レス

コー』
の序文が引用されていますが、真梨さんが描きたかったの

は現代版の『マノン・レスコー』ではなかったかと思います。 そし

て、その企みは見事に成功しています。 


今まで二作真梨作品を読んで、ミステリーを過度に意識した仕掛

けが気になっていましたが、この作品に関してそれは最低限に抑

えられていて、単純なドロドロ悪女モノとして楽しめることができま

す。 


元女優の主人公はもちろんですが、その母親や周囲を取り巻く女

性たちの生臭さと、それに翻弄されていく男たち。 あ~こんな女

ゼッタイに無理だよな・・・と思いつつ読み始めましたが、ラスト間

際には読者としてそんな主人公に翻弄されている自分に気がつき

ました。 女性読者なら一歩ひいて、こんな女に騙されるバカな男

達という視点で読んでも面白いかもしれません。 


ストーリーとは絡みはないし、読んでいなくてもまったく問題はあり

ませんが、事前に『女ともだち』を読んでいると、さらに楽しめると

思います。


「私は死ぬのは怖くないの。 ただ、私の死体が晒されるの

が怖い。 どうせ、私はろくな死に方をしないわ。


・・・・・・・<中略>・・・・・・・

すぐに私をどこかに隠してね。 水は駄目よ。 きっとすぐに

引き上げられるわ。 絶対に見つからない場所に、深く深く、

埋めてね」




関連記事
スポンサーサイト
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。