プロフィール

きたあかり

Author:きたあかり
文芸書中心の読書日記です。
読書傾向はフリーエリアの円グラフを見てください。 サイトのご案内

フリーエリア
ひとこと掲示板
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

-----(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
03-12(土)

「建てて、いい?」 中島たい子



「家、欲しいな」思わず呟いた自分の言葉に驚く三十代半ば、独身、アパート暮らしの長田真里。結婚相手を見つけるのでもなく仕事に成功するのでもなく、ひとりで心地よく暮らせる家を建てるのって、ありですか?従妹の友紀子や両親を始め世間の壁を越えることで見えてくる風景。「彼の宅急便」を併録。


<感想> ★★★☆☆

本書は、リアルな30代独身女性を描き出す中島たい子さんの作品集

です。 中編の表題作と短編がひとつ収められています。


さて、30代の独身女性を主人公にした作品といえば角田光代さんを

思い浮かべる方も多いと思います。 角田さんと同年代の私はそこで

描かれる主人公たちをリアルと感じていたわけですが、中島たい子さ

んの描くキャラクターは若干異なっています。 


前者が浮遊感とするなら、後者はしっかり地に足がついているという

感じです。 言い換えるなら角田作品はバブル世代の30代の独身女

性。 中島作品が描くのは就職氷河期世代のそれです。


主人公が家を建てたいと思い立つ過程や、周囲の家族を描くさまは

ユーモラスですが、それだけではない「何か」が残ります。


関連記事
スポンサーサイト
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


 

中島さんも

好きです!この人の作品は全部読んでるかなあ~
なんということのない内容の作品が多いけど(失礼)
でも共感できるし、好感が持てる話が多いかな。

 

ベリハニさん

こんにちはぁ~♪

>好きです!この人の作品は全部読んでるかなあ~
>なんということのない内容の作品が多いけど(失礼)
>でも共感できるし、好感が持てる話が多いかな。

等身大という言葉がありますが、それは時代によって異なるのではないかと思います。 そのあたりの切り取り方が巧みです。 私は『漢方小説』でベタ惚れしちまいました。

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。