プロフィール

きたあかり

Author:きたあかり
文芸書中心の読書日記です。
読書傾向はフリーエリアの円グラフを見てください。 サイトのご案内

フリーエリア
ひとこと掲示板
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

-----(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
02-12(土)

「ファミリーツリー」 小川糸




だって、僕たちはつながってる。厳しくも美しい自然に囲まれた場所で、少年はかけがえのないものを知る。命のきらめきを描き出す、渾身の一作。新しい小川糸がここに。




<感想> ★★☆☆☆

本書は小川糸さんの三作目の小説です。 

『食堂かたつむり』が多くの読者に受け容れられました。 二作目の

『喋々喃々』は不倫をテーマにしてしまったせいで、一部の読者層

から猛反発を受けていたようですが、作家としては王道を歩みつつ

あるのかなぁ~などと思いました。 


さて、三作目の本書ですがかなりビミョーです。 二作目を引きずっ

ているであろうと思われるア○ゾンの恣意的な読者レビューを肯定

するつもりはさらさらありませんが、それを完全否定するのも難しい

というのが正直な感想です。 


もちろん小川糸さんは並以上の実力をお持ちだと思います。 二

作目でブーブー文句を垂れていた読者層をぎゃふんと言わせる作

品を期待していただけに、ちょいとザンネンです。 

四作目も出ているようなので、そちらに期待したいと思います。


『食堂かたつむり』レビュー

『喋々喃々』レビュー


【送料無料】つるかめ助産院

【送料無料】つるかめ助産院
価格:1,470円(税込、送料別)







関連記事
スポンサーサイト
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


 

うーん、

好みわかれますよね、小川糸さん。

 

カオりさん

こんばんはぁ~♪

>好みわかれますよね、小川糸さん。

そうですね。 読者層が広がれば広がるほどイロイロと言われてしまうものですが、この作品は単純にキビしかったです。

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。