プロフィール

きたあかり

Author:きたあかり
文芸書中心の読書日記です。
読書傾向はフリーエリアの円グラフを見てください。 サイトのご案内

フリーエリア
ひとこと掲示板
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

-----(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
01-08(土)

「球体の蛇」 道尾秀介


1992年秋。17歳だった私・友彦は両親の離婚により、隣の橋塚家に居候していた。主人の乙太郎さんと娘のナオ。奥さんと姉娘サヨは7年前、キャンプ場の火事が原因で亡くなっていた。どこか冷たくて強いサヨに私は小さい頃から憧れていた。そして、彼女が死んだ本当の理由も、誰にも言えずに胸に仕舞い込んだままでいる。乙太郎さんの手伝いとして白蟻駆除に行った屋敷で、私は死んだサヨによく似た女性に出会う。彼女に強く惹かれた私は、夜ごとその屋敷の床下に潜り込み、老主人と彼女の情事を盗み聞きするようになるのだが…。


<感想> ★★★★☆


17日発表の直木賞『月と蟹』がノミネートされている道尾秀介

さんですが、今回が5度目のノミネートになります。 本書は三度

目のノミネート作品です。 


さて、トーシローの私が言っても説得力はありませんが、道尾秀

介さんは若手作家の中では最も実力があるし、ともすればベスト

セラー狙いが多い男性作家の中にあって読者に媚びない姿勢も

好感が持てます。 


ただ、文章上のレトリックや本格ミステリーで必須とされる「整合

性」が実力を発揮する上での障害となっているのではないか?

と個人的に強く思っています。


それを踏まえるなら本書はそれらの呪縛を解き放った作品で、純

粋に明確なテーマを持った小説として楽しむことができる作品です。 

主人公を取り巻く世界もかなり狭い印象がありますが、作中に度

々出てくるスノードームの世界を構築したいと著者が企んだのなら、

それは見事に成功しているように思います。 


しかし、一見すると楽観的なラストは必要以上に重たく感じてしまい

ます。 まぁ~それも狙いなんだとは思いますが、そこまで読者が

ついてこられるかどうかは疑問です。 


ミステリー苦手なんだよね・・・・

道尾秀介なんて流行ものだろ・・・・

とおっしゃる方にあえておススメします。


「道尾秀介の魂は、腐っていない。 

選評にはならないが、唯一丸をつけた作品に対して、

私はそれだけを言っておこうと思う。」



なにやら芝居がかっていますが、前回(『光媒の花』)ノミネートされ

た時の北方謙三さんの選評です。 本書の選評ではありませんが、

これだけは書いておこうと思います。(笑)


【送料無料】月と蟹

【送料無料】月と蟹

価格:1,470円(税込、送料別)

      
【送料無料】光媒の花

【送料無料】光媒の花

価格:1,470円(税込、送料別)


関連記事
スポンサーサイト
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


 

Re:「球体の蛇」 道尾秀介(01/08)

やっと、インターネット繋ぐ事ができました。読書日記楽しみにしております。

 

akkyoさん

こんにちはぁ~♪

>やっと、インターネット繋ぐ事ができました。読書日記楽しみにしております。

おぉぉ~それは目出度いですな。
お茶でも入れるのでまったりしてくださいませ(笑)

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。