プロフィール

きたあかり

Author:きたあかり
文芸書中心の読書日記です。
読書傾向はフリーエリアの円グラフを見てください。 サイトのご案内

フリーエリア
ひとこと掲示板
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

-----(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
01-01(土)

「キュア」 田口ランディ


若き外科医の斐川竜介は、肝臓ガンで余命1年であることを知る。リストカットの少女・キョウコに支えられながら、自らの運命に立ち向かう。医療現場で病とたたかってきた斐川だが、科学にどっぷりつかりながらも、スピリチュアルのカリスマ、最新ガン治療を受ける青年実業家、放射線生物学者との出会いを通して自分の治療を模索する。



<感想> ★★★★☆

本書は特殊な能力を持つ外科医を主人公にした長編です。

それってファンタジー系?ホラー系?とお思いの方もいらっしゃると思い

ますが、ひと言で言うなら田口ランディ系です。(笑)


さて、ポツリポツリと短編集やエッセイを出すランディさんですが、長編は

二年前に出た本書が久しぶりだったのではないかと記憶しています。 

『アンテナ』『コンセント』の印象が強烈ですが、本書の前半はその世界観

が再現されています。 加えて後半になるとスピリチュアルの要素が加わ

ります。 本書のテーマは癌(ガン)です。 そこにスピリチュアルを持って

くるのはどうかなぁ~??という感じもしますが、癌という病の持つストーリ

ーの側面として捉えるなら、その書きっぷりは秀逸です。


ある意味で、癌というのは極めて日常性の高いテーマですが、その語り口

は現実離れしていて、展開も混沌としています。 個人的にはかなり好き

なタイプの作品だし、混沌としていながらも最後まで読者の心を離さない手

腕は著者の才能以外のなにものでもありません。 ただ、読者を選ぶ作品

であることを最後に申し添えておきます。 


↓秋に文庫が出たようです。

【送料無料】キュア

【送料無料】キュア

価格:714円(税込、送料別)



関連記事
スポンサーサイト
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


 

Re:「キュア」 田口ランディ(01/01)

明けましておめでとうございます
今年もよろしくお願いします

ランディさんは一冊も読んでません。
カタカナ名の作家はなぜか手に取れない???
ゆうきをだしてよんでみようっと

 

cyn1953さん

こんばんはぁ~♪

>明けましておめでとうございます
>今年もよろしくお願いします

最近のツィッター人気で、ちょいと淋しくなっていますが、今年も更新していくつもりなのでよろしくお願いします。

>ランディさんは一冊も読んでません。
>カタカナ名の作家はなぜか手に取れない???
>ゆうきをだしてよんでみようっと

田口ランディさんはロミ・山田やバーブ佐竹(←古っ!!)と同じで純粋な日本人です。 (笑)

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。