プロフィール

きたあかり

Author:きたあかり
文芸書中心の読書日記です。
読書傾向はフリーエリアの円グラフを見てください。 サイトのご案内

フリーエリア
ひとこと掲示板
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

-----(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
12-12(日)

「あなたと、どこかへ。」  アンソロジー


恋人と、妻と、兄弟と、家族と、あるいはひとりで…さあ、ドライブに出かけよう。かつてあった愛を探しに、いまここにある愛を確かめに。ここではない、どこかへ。あなたと、ふたりで。8人の短篇の名手が描く、8つの愛の情景。“クルマで出かける場面を用意すること”だけを約束事に8人8様の個性豊かな短篇アンソロジー。


<感想> ★★★☆☆

本書は日産自動車のTEANAスペシャルサイトに連載されていた作品を

まとめたアンソロジーです。 書き手は吉田修一/角田光代/石田衣

良/甘糟りり子/林望/谷村志穂/片岡義男/川上弘美
の各氏。


テーマは“クルマで出かける場面を用意すること”だそうですが、それぞ

れのキャラクターはTEANAのユーザー層を意識しているように感じまし

た。 おおまかに言ってしまえば40代後半のアッパーミドルクラスという

ところでしょうか?


ロウアーミドルクラスの暮らしを強いられている私は、そのあたりが若

干鼻につきましたが、いずれも車を運転してどこかに出かけたくなる

工夫がなされています。 都市部に住んでいる作家さんであれば、車

を運転する機会などないと思いますが、さすがプロだなぁ~と感じまし

た。


個人的には、ちょっとトボケた夫婦が出てくる吉田修一さんの作品。 

小品ながらツボを抑えた川上弘美さんの作品が秀逸でした。

関連記事
スポンサーサイト
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。