プロフィール

きたあかり

Author:きたあかり
文芸書中心の読書日記です。
読書傾向はフリーエリアの円グラフを見てください。 サイトのご案内

フリーエリア
ひとこと掲示板
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

-----(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
12-05(日)

「桐畑家の縁談」  中島京子


「結婚することにした」ある日突然、妹から告げられた桐畑露子。お相手は台湾の青年らしい。おくてな妹が自分より先に結婚なんて…27歳、無職で妹の家に居候中の露子は、落ち着かないながらもしぶしぶ職探しを始める。実は彼女も恋人からプロポーズされていたが、乗り気になれないのだった─。娘の国際結婚に戸惑う両親も巻き込んだ、迷走姉妹のユーモラスでちょっとビターな物語。

<感想> ★★★☆☆

本書は20代後半の姉妹と、その家族を姉の視点から描いた作品です。


仕事も充実しながらテキパキと台湾人青年との結婚を決めた妹と、イマ

イチ結婚に踏み切れず就職活動をする無職の姉。

子供の頃から垢抜けていた姉とジミで鈍臭かった妹。 どこで、どう変わ

ってしまったのか?姉妹の対比はユーモラスですが、ところどころスパイ

スが効いて絶妙な姉妹小説に仕上がっています。 


二人の娘に振り回される両親の様子は、向田邦子のホームドラマを見て

いるような気にさせられます。


次女と結婚する台湾人青年ですが、『さようならコタツ』にも出ていたとの

情報が・・読み返してみたいんだけど、密林の中にあるので探しようがあ

りません。 


関連記事
スポンサーサイト
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。