プロフィール

きたあかり

Author:きたあかり
文芸書中心の読書日記です。
読書傾向はフリーエリアの円グラフを見てください。 サイトのご案内

フリーエリア
ひとこと掲示板
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

-----(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
11-27(土)

「ボトルネック」 米澤穂信

亡くなった恋人を追悼するため東尋坊を訪れていたぼくは、何かに誘われるように断崖から墜落した…はずだった。ところが気がつくと見慣れた金沢の街にいる。不可解な思いで自宅へ戻ったぼくを迎えたのは、見知らぬ「姉」。もしやここでは、ぼくは「生まれなかった」人間なのか。世界のすべてと折り合えず、自分に対して臆病。そんな「若さ」の影を描き切る、青春ミステリの金字塔。


<感想> ★★★★☆

本書の著者である米澤穂信さんは、最近あちこちで名前を聞くように

なった作家さんです。  もともとラノベをお書きになっていたようです

が、創元社ミステリフロンティアから出た『さよなら妖精』が注目を浴

びて、それ以降は一般の小説を手がけられているようです。 奇しくも、

のちに直木賞作家になる桜庭一樹さんと同じルートを辿っています。 

今後大ブレイクが予想されるお一人ではないかと思います。


さて、あらすじに青春ミステリの金字塔。と書かれていますが、本書が

描くのは二つの世界が存在するパラレルワールドです。 死産で生を

受けられなかった姉の代わりに生をうけた主人公。 しかし、主人公が

迷い込んだもうひとつの世界では、姉は無事に生まれ成長していて、

当然ながら主人公は存在しません。 


それを除けば二つの世界はまったく同じ成り立ちをしていますが、姉を

とりまく状況は主人公の世界とは微妙に異なっています。  バラバラに

なってしまった家族。 死んでしまった恋人・・・。


ネタばれになってしまうのでこれ以上は書きませんが、従来のファンタジ

ーや青春小説とは一線を隔する展開になっています。 正直って読んで

いる最中は、重症の中二病である主人公に感情移入できませんでした

が、ふと自分の生きてきた道を振り返ると・・・・・・・・。


おそらく主人公と同世代ならストレートパンチを食らった気分になると思い

ますが、どうやらオッサンの私は知らぬ間にボディーブローを食らってい

たようで、今ごろジワジワ来ています。


お若い方はガードをしっかり固めて、そうじゃない方はボディーブローに

負けない筋肉作りをしてからお読みにならないと真っ白な灰になっちまう

かもしれません。


↓米澤穂信さんの最新刊です。

折れた竜骨

折れた竜骨

価格:1,890円(税込、送料別)



関連記事
スポンサーサイト
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


 

Re:「ボトルネック」 米澤穂信(11/27)

こんにちはー☆
これ、精神不安定な時期に読んだらやばそうな本でしたね…
青春ミステリ、だけど青春まっただ中の人には読ませたくない気がしました。
でもおもしろかったです!ボトルネックってまたうまいタイトルですよねぇ…

 

まる811さん

こんばんはぁ~♪

>こんにちはー☆
>これ、精神不安定な時期に読んだらやばそうな本でしたね…

うんうん。相当ヤバいと思いますぜ!

>青春ミステリ、だけど青春まっただ中の人には読ませたくない気がしました。
>でもおもしろかったです!ボトルネックってまたうまいタイトルですよねぇ…

最後もどうなるんだろう・・・・?みたいなラストでしたね。 でも、単純に面白いですよね。 ヲヂさんはしばらく読み続けようと思います。

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。