プロフィール

きたあかり

Author:きたあかり
文芸書中心の読書日記です。
読書傾向はフリーエリアの円グラフを見てください。 サイトのご案内

フリーエリア
ひとこと掲示板
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

-----(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
09-19(日)

「天使のナイフ」 薬丸岳


生後五ヵ月の娘の目の前で妻は殺された。だが、犯行に及んだ三人は、十三歳の少年だったため、罪に問われることはなかった。四年後、犯人の一人が殺され、檜山貴志は疑惑の人となる。「殺してやりたかった。でも俺は殺していない」。裁かれなかった真実と必死に向き合う男を描いた、第51回江戸川乱歩賞受賞作。


<感想> ★★★★★

感想をUPし損ねていますが、薬丸岳さんを読むのは二作目になります。

ミステリーの書き手で、いわゆる本格モノが好きなミステリーファンも喜ぶ

ような仕掛けもなされていますが、登場人物の心理描写なども秀逸でミス

テリーをドラマとして読みたい読者の欲求も満たしてくれる作家さんです。


さて、本書は第51回江戸川乱歩賞受賞作。 少年犯罪をテーマにした作

品です。 妻を少年たちに殺された主人公が一転して疑惑の人になるとい

う設定で、ありがちといえばありがちな展開ですが、少年法の問題なども

含めてとても丁寧に描かれています。 他作品のレビューで何度も書い

ていますが、この手の作品にありがちな最後に読者をあっ!!と言わせ

りゃ文句はないだろう
的な手抜かりはいっさいありません。 


後半の展開はおぉぉぉ~という感じで急加速していきますが、著者がチョ

イスした少年犯罪というテーマがぶれることはありません。 エンターテイ

メントとしてもパーフェクトですが、少年法の問題に関しては賛否両論を併

記しながら真摯な問い掛けがなされているように思います。 

読み応えのあるエンターテイメントをお読みになりたい方に強くおススメし

ます。


余談ですが、高野和明さんの解説のなかで、日本推理作家協会のソフ

トボール大会に参加した折、
という箇所があります。 ポジションとか打

順が気になるのは私だけでせうか??(笑)
関連記事
スポンサーサイト
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


 

忘れられない作品です

私、この本の舞台が故郷です。風景が目に浮かびましたね。悲しいお話ですが、そのおかげで読み切りました。
この作家さん、この路線が中心ですが、違うのも読みたいと思っています。

 

ほっそさん

こんばんはぁ~♪

>私、この本の舞台が故郷です。風景が目に浮かびましたね。悲しいお話ですが、そのおかげで読み切りました。
>この作家さん、この路線が中心ですが、違うのも読みたいと思っています。

私はまだ二作しか読んでいませんが、ミステリーじゃなくてもいい作品をお書きになるタイプの作家さんではないかと思います。

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。