プロフィール

きたあかり

Author:きたあかり
文芸書中心の読書日記です。
読書傾向はフリーエリアの円グラフを見てください。 サイトのご案内

フリーエリア
ひとこと掲示板
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

-----(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
08-18(水)

「ひそやかな花園」 角田光代



親と子、夫婦、家族でいることの意味を根源から問いかける。『八日目の蝉』から三年。衝撃と感動に震える、角田光代の最高傑作誕生。




<感想> ★★★★★

本書は、毎日新聞「日曜くらぶ」に4月まで連載されていたものです。 

発売と同時にゲットしましたが、二年半ぶりの長編を集中して読みたい

ので一昨日まで未開封のまま放置してありました。 そのほとんどを電

車の中で読みましたが至福の時間が惜しくて、快速をやり過ごし各駅

停車を乗り継いで帰ってきた次第です。 (笑)


登場人物の一人が、子供時代のおぼろげな記憶を語りだす冒頭。 

両親とともに参加していたサマーキャンプ。 しかし、記憶の糸は突然断

ち切られます。 あのキャンプは何処で開かれていたのか?そして、参

加している自分以外の子供たちはどこの誰だったのか?そもそもキャン

プの目的はなんだったのか?エンターテイメント形式で読者を物語りに

引きずりこんでいく手腕は、いい意味でベストセラー作家の実力を見せ

つけられます。 しかし、物語の核はそれらが明らかになったあとに用意

されています。  


というわけで、ネタばれしてしまうのでこれ以上は書きません。

ただ、この作品のテーマは女性が直面するであろう、もっとも厳しい局面

での選択がその後どのような結果をもたらしていくのか?だと思います。 

しかし、この作品はその是非を問うものではありません。 この問題に限

らず、熟慮した選択が結果的に誤りだったと気がついてしまった時に味

わう絶望の先にはなにがあるのか?少なくてもそこには、選択したから

こそ残された何かがあるのではないか?そんな問い掛けがなされている

ように思いました。


ネタばれを恐れたせいで、まったく意味不明なレビューになってしまいまし

たが、読後感も悪くないし、ラスト近辺で私は二回ほど泣いちまうところで

した。 ただ、意地悪を言うなら登場人物が多すぎて、そのあたりの書き

分けがちょっと甘いような気がします。 そのあたりはきっちり押さえて読

みすすめてみてください。 私は角田さんの十八番キャラである紗有美を

軸にしました。 


もう一回『八日目の蝉』のような作品を読みたいとお考えの方には、ヨーシ

ャなくおススメです。

関連記事
スポンサーサイト
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


 

Re:「ひそやかな花園」 角田光代(08/18)

おーーーっ! きたあかりさん絶賛ですね!
実はいま 図書館で借りて手元にあるんです。
でも、返却日はこの週末。おまけに ほかにも週末返却の読みたい本が数冊!
いま読みかけの本も なかなか読み終われず
おまけに お盆休みに遊びすぎて 仕事が押しており……
う~~っ! でも 読みたいっ! きっと 読みます!(笑)

 

新聞連載

毎週読んでいたのですが、毎回人物が代わるのでその人の以前の記述を思い出すのに苦労しました。
単行本化にあたって加筆したのでしょうか?それならやはり読まなきゃならないかしらん。。。。
今から予約したら半年後かな。。。。

 

kayokorinさん

おはようございます♪

>おーーーっ! きたあかりさん絶賛ですね!

ほい!二年半待った甲斐がありました。

>実はいま 図書館で借りて手元にあるんです。
>でも、返却日はこの週末。おまけに ほかにも週末返却の読みたい本が数冊!
>いま読みかけの本も なかなか読み終われず
>おまけに お盆休みに遊びすぎて 仕事が押しており……
>う~~っ! でも 読みたいっ! きっと 読みます!(笑)

もぉ~図書館本を手にされましたか!
まだ、この本それほど話題になっていないと思うんですよぉ~来月のあたまにNHKでやった『八日目の蝉』のDVDが出ますが、そのあたりからジワジワ
話題になってくるような気がします。 いま、読んでおかないと次に回ってくるのは来年かもしれませんよ。(笑)

 

椋とんびさん

おはようございます♪

>毎週読んでいたのですが、毎回人物が代わるのでその人の以前の記述を思い出すのに苦労しました。

自分で言うのもナンですが、私はかなりお馬鹿なので、連載を読むの苦手なんですよ。 一週間も間が空いたら絶対に忘れちまいます。 一ヶ月も間があいたら「この人誰?」状態だと思います。

>単行本化にあたって加筆したのでしょうか?それならやはり読まなきゃならないかしらん。。。。

巻末に加筆・修正したと記されていました。
でも連載終了から上梓まで3ヶ月なので、それほど手は入っていないのではないかと思います。

>今から予約したら半年後かな。。。。

世の中的には、まだそれほど話題になっていないから、早めに予約チャレンジしてみるのも手かもしれませんよ。

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。