プロフィール

きたあかり

Author:きたあかり
文芸書中心の読書日記です。
読書傾向はフリーエリアの円グラフを見てください。 サイトのご案内

フリーエリア
ひとこと掲示板
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

-----(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
05-15(土)

ipadと電子書籍


ちょっと前から気になっていましたが、月末にipadが発売になります。



ワイヤレスでダウンロード&閲覧可能。

既存の携帯端末(PDA)と比較すると画面が大きい。

電子書籍との相性も良さそうです。


とにかく、溜まっていく本に関して家族から叱責を受け続けている

身分としては、解決策になるのではないかと購入を検討しました。


まずは本体です。

大きさは単行本一冊分ぐらいの大きさですが、かなり薄いつくりに

なっています。仕様

本を読むのはこんな感じになるようです。 なかなかいい感じですね。

本体価格は49,800円~です。 


次にソフトです。

現在、国内にはいくつかの電子書籍ストアが存在します。

価格は紙の本と比較すると1~2割安めに設定されています。

ただ、小説に関して言うなら圧倒的に品数不足です。

今のところappleiTunes Storeの書籍版を日本で立ち上げる

気配は見受けられません。


最後に通信費です。

ソフトバ○クのプランには多くのトラップが仕掛けられてい

ます。 私のような素人にはよくわかりませんが月額5,000円

程度だと思われます。ipad専用定額プラン


以上の条件に私の個人的な事情(小説が読みたい・ビンボーで

ある)加味するとするなら、その必要性を強く感じることがで

きませんでした。


ちなみにその他の代表的な電子書籍システムは


Amazon Kindle


端末はAmazonで販売している電子書籍の

みのダウンロード、閲覧になりますが、本

体の実売価格は25,000円程度でダウンロ

ード時の通信費はAmazonで負担するため

無料です。 モノクロ画面ですが、小説を読むには何の問題もあり

ません。 ただ、最大の問題は日本語に対応していないという点です。

私の場合、学生時代から洋書に親しんできました。 というはもちろ

ウソなので絶対にムリです。



iPhone

これもappleのサービスですが、ケータイ自体を

iPhoneに変えればいいだけで、電子書籍に近

づくもっとも現実的な手段かもしれません。 

画面が小さいというデメリットがありますが、無

料の「青空文庫」を閲覧できるアプリもあるようです。 

ただ、最終的にはダウンロードできるソフトの不足に行き着きます。



そんなことを書いていたら、一昨日注文した本が届きました。

困りました・・・  

とりあえず車の中に隠匿することにします。
関連記事
スポンサーサイト
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


 

難しそうですね

なにやら難しそうですねえ。どんな具合になるか、不具合はあるかなど、教えて下さいませんか?電子書籍の事はきいたことがありますが、どんなものかさっぱりわかりません。まるまろうはキカイオンチでもあるのです(汗)きたあかりさんの報告が待ち遠しいです。よろしくお願いします。

 

まるまろうさん

こんばんはぁ~♪

>なにやら難しそうですねえ。どんな具合になるか、不具合はあるかなど、教えて下さいませんか?電子書籍の事はきいたことがありますが、どんなものかさっぱりわかりません。まるまろうはキカイオンチでもあるのです(汗)

ほい!実は書いた本人もよくわかっていませんが、これ以上を本を増やすと家を追い出されそうな雰囲気なんです。 とりあえず電子書籍ならかさ張らなくていいかなぁ~という目論見です。

きたあかりさんの報告が待ち遠しいです。よろしくお願いします。

ほい!購入したら真っ先に報告にうかがいます。

 

話題になってますね~^^

私はipadなどが開発され、電子書籍が出てきたからといって、本がなくなるわけじゃなく、それぞれがうまく共存していくんじゃないかと楽観しております。
いくらipadの性能がいいといっても、紙の感触や装丁の美しさまでは表現できないですものね。
私は買う予定はありませんが、もし買うとしたら、ipadは実用書用にして、文芸書は絶対本で読みたいと思います。
本を減らす目的でipadを購入することは考えないので、ipadを買ってもうちから本棚が消えることはありません(笑)

 

まこぴ^^さん

こんにちはぁ~♪

>私はipadなどが開発され、電子書籍が出てきたからといって、本がなくなるわけじゃなく、それぞれがうまく共存していくんじゃないかと楽観しております。
>いくらipadの性能がいいといっても、紙の感触や装丁の美しさまでは表現できないですものね。

今日も寝たきり中年と化してテレビを見ていましたが、あちこちで取り上げられていましたね。 紙メディアを支持する人達が多かったように思います。
私も基本的に、ハード(機械)を用いることなく、どこでも好きな時間に楽しめるというのが読書の醍醐味だと思いますが、収納スペースにはホント頭を痛めています。

>私は買う予定はありませんが、もし買うとしたら、ipadは実用書用にして、文芸書は絶対本で読みたいと思います。
>本を減らす目的でipadを購入することは考えないので、ipadを買ってもうちから本棚が消えることはありません(笑)

実用書や写真集はネットともリンクできるし、ipadの方が効果的かもしれませんね。 我が家もまこぴ^^さんぐらい理解があればいいんですが・・(汗)

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。