プロフィール

きたあかり

Author:きたあかり
文芸書中心の読書日記です。
読書傾向はフリーエリアの円グラフを見てください。 サイトのご案内

フリーエリア
ひとこと掲示板
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

-----(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
04-25(日)

「片眼の猿」 道尾秀介


俺は私立探偵。ちょっとした特技のため、この業界では有名人だ。その秘密は追々分かってくるだろうが、「音」に関することだ、とだけ言っておこう。今はある産業スパイについての仕事をしている。地味だが報酬が破格なのだ。楽勝な仕事だったはずが―。気付けば俺は、とんでもない現場を「目撃」してしまっていた。


<感想> ★★★☆☆

なんやかんやで道尾作品三作目です。

正直って、こういうのが今は売れるんだなぁ~程度の印象ですが、

ブック○フの100円コーナーにあるとついつい買っちゃうんですよ

ね・・・。ちょっとクセになっているのかもしれません。


さて、本書の主人公は人並みはずれた聴力を持つ私立探偵です。 

あちこちで書評を読むとライト(軽めの)ハードバイルドと書かれて

いますが、ハードボイルドの基本はしっかり押さえた書き方をされ

ているかなぁ~と思います。 


これを「硬」とするなら、主人公の周囲のキャラは「軟」。 読み始め

はこの「硬」「軟」に戸惑いますが、文章のテンポで読者は引きづられ

ていきます。 後半になると「軟」の部分も深いのではないか?という

エピソードがいくつか出てきて、この手の作品がしばしば陥る中途ハ

ンパ感や破綻は微塵も感じさせません。 基本的にテーマがしっかり

しているせいだと思いますが、この点に於いて道尾秀介さんは巧み

です。


ちょいと辛口になりますが、作家としての力量を十分備えている道尾

秀介さんが直木賞受賞にいたらないのは、昨今ブームのレトリック

(読者騙し)にあるような気がしてなりません。 読者が何を望んでい

るのか?を意識するのは作家としてあるべき姿だし、このスタイルで

売り上げを伸ばしたいという出版社サイドの思惑もあると思います。 

ただ、あまりにもそれにがんじがらめになってしまうのはいかがなも

のでしょうか?


伊坂幸太郎さんの例を引くまでもなく、直木賞が作家としての頂点な

どと申し上げるつもりはありません。 しかし、作品を読むたびにこ

の作家の真剣勝負を見てみたいと思っている小説読みは私だけで

はないはずです。

関連記事
スポンサーサイト
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


 

Re:「片眼の猿」 道尾秀介(04/25)

こんばんは!
この作品は後半畳みかけるように、どんでん返しが続きますよね~。毎回、凄いな~とは思うのですが、最近ちょっと食傷気味であったりもします…。

なので、そろそろ新しい感じの作品を読んでみたいですね~。

 

ぷるんつさん

こんばんはぁ~♪

>こんばんは!
>この作品は後半畳みかけるように、どんでん返しが続きますよね~。毎回、凄いな~とは思うのですが、最近ちょっと食傷気味であったりもします…。

まさか秋絵が○だったなんて・・そこまでヒネることはないんじゃないか??という気になりました(笑)
この手の作品では『慟哭』を超える作品に出会いたいと思っていますが、なかなか難しいですね。

>なので、そろそろ新しい感じの作品を読んでみたいですね~。

ぜひ、直球ストレートをお願いしたいものです。

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。