プロフィール

きたあかり

Author:きたあかり
文芸書中心の読書日記です。
読書傾向はフリーエリアの円グラフを見てください。 サイトのご案内

フリーエリア
ひとこと掲示板
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

-----(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
03-21(日)

「ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ」 辻村深月

“30歳”という岐路の年齢に立つ、かつて幼馴染だった二人の女性。都会でフリーライターとして活躍しながら幸せな結婚生活をも手に入れたみずほと、地元企業で契約社員として勤め、両親と暮らす未婚のOLチエミ。少しずつ隔たってきた互いの人生が、重なることはもうないと思っていた。あの“殺人事件”が起こるまでは…。辻村深月が29歳の“いま”だからこそ描く、感動の長編書き下ろし作品。


<感想> ★★★★★

ベテランと常連が顔を揃えた今回の直木賞で異彩を放っていたの

が、本書でノミネートされていた辻村深月さんです。 結果はベテラ

ンお二人の受賞となりましたが、もっとも注目を集めていたのは辻

村深月さんだったような気がします。 実際に読んでみると、この

作品で一発授賞もアリだったのではないかという気にさせられます。

三時間で一気に読んでしまいました。


さて、本書はフリーライターの主人公が、母親を殺害したのち消息

不明になってしまった友人の足跡を辿るという筋立てです。 ミス

テリーを連想される方も多いと思いますが、30歳直前の女性たち

の関係性を描く作品だと言えます。 


関係性とは即ち繋がりです。 女性同士の繋がり。 母親との繋

がり。 地域との繋がり。 いずれもパーフェクトに描かれています。  

女性同士の繋がりをさらに掘り下げるとするなら、立場や考え方の

違う女性同士との軋轢があります。 この作品でもそこに力点を置

いているわけですが、従来の「女ってコワい」で引っ張っていきな

がらも、その背景にある「女の息苦しさ」が見事に描かれています。 


多彩なキャラクターが配されているので、読者はその中に自らの欠

片(カケラ)を見出すことができると思います。 そのあたりを痛いと

感じてしまうかもしれませんが、それをリアルと言い換えることもで

きます。 


リアルといえば、舞台になる山梨とそこで暮らす人たちがとても丁

寧に描かれています。 東京に最も近い固有の文化を持つ町(地

方都市)という印象を持っていますが、おそらくアラサーの山梨県

民であれば、激しく肯いてしまう箇所がいくつもあるのではないか

と思います。 


女性の関係性を描くという点では、角田光代さんや桐野夏生さん

に似ています。 それらと比較するなら、いい意味でも悪い意味

でもエンターテイメントに走りすぎた感が否めませんが、大津波

のようにやってくる読了後の感動に抗うことは至難のワザで、私

涙の床上浸水状態でした。 


すべての女性の方におススメします。
関連記事
スポンサーサイト
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


 

Re:「ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ」 辻村深月(03/21)

辻村深月さんの いろんな引き出しが感じられて
これからの彼女から ますます目がはなせなくなってしまいました。
この本で直木賞があっても良かったかも! って 確かに思いますよね。
でも、まだまだこれから。深月さん、きっとますますすごい作品を書いていかれることと
楽しみです!

 

kayokorinさん

>辻村深月さんの いろんな引き出しが感じられて
>これからの彼女から ますます目がはなせなくなってしまいました。
>この本で直木賞があっても良かったかも! って 確かに思いますよね。

辻村さんの作品傾向と直木賞のイメージが合わなかったので、えっ!なぜ候補になったの?という感じでしたが、読んでみると受賞作でも良かったんじゃないかとさえ思ってしまいました。

>でも、まだまだこれから。深月さん、きっとますますすごい作品を書いていかれることと
>楽しみです!

そうですね!目が離せない作家のひとりになりました。しかし、このタイトル巧いですよね。

 

Re:「ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ」 辻村深月(03/21)

こんにちは。すっかり打ちのめされた作品でした。そのあと、彼女の過去作品、読み続けています。
あとメッセージしますね。

 

おはようございます

TBさせていただきました。
とぼけたタイミングの初辻村さんでした。
男が読むのと女が読むのとでは相当印象がちがうんだろうなという気がしました。きたあかりさんがおっしゃるように、女ってずいぶん息苦しく生きているんだろうなとも感じました。
なんだかひっかかる作品でした。

 

時折さん

こんばんはぁ~♪

>TBさせていただきました。
>とぼけたタイミングの初辻村さんでした。
>男が読むのと女が読むのとでは相当印象がちがうんだろうなという気がしました。きたあかりさんがおっしゃるように、女ってずいぶん息苦しく生きているんだろうなとも感じました。
>なんだかひっかかる作品でした。

TBありがとうございました。
この作品は舞台になっている山梨の地域性みたいなものもよく描けているなぁ~と感じました。

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。