プロフィール

きたあかり

Author:きたあかり
文芸書中心の読書日記です。
読書傾向はフリーエリアの円グラフを見てください。 サイトのご案内

フリーエリア
ひとこと掲示板
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

-----(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
02-28(日)

「真綿荘の住人たち」 島本理生



レトロな下宿、真綿荘に集う人々の恋はどこかいびつで滑稽で切ない……。不器用な恋人達、不道徳な純愛など様々なかたちを描く。




<感想> ★★★★★

本書は島本理生さんの最新刊です。 真綿荘という下宿を舞台にした

連作短編ですが、本書では連作短編の基本である人称の統一を意識

的に無視しています。 それを面白いと感じるか、煩わしいと感じるか

によって評価が分かれるように思います。


さて、読み始めの第一章「青少年のための手引き」は上京する18歳の

大和君を主人公に据えて、読みやすいつくりになっています。 私の世

代で下宿の物語といえば『めぞん一刻』ですが、そんな雰囲気の作風だ

と思っていると・・・・。 


メインキャラクターは、18歳の男子大学生から30代半と思われる女性

で、章を重ねるたびに深みを増していきます。 中盤に用意されている

「シスター」「海へ向かう魚たち」
の二編がもっともオーソドックスな恋愛

小説に仕上がっていますが、著者の真骨頂は最終章の「真綿荘の恋人

たち」
であろうと思います。


ここで、展開する綿貫さんの恋愛模様はいびつです。 『あなたの呼吸が

止まるまで』
『大きな熊が来る前に、おやすみ』と同じ底流をなしています

が、島本作品で30代の女性をメインキャラクターに持ってくるのは初め

てのことではないでしょうか?ここで語られる特殊な恋愛観や、無作為の

作為を客観的に描くさまは、島本理生という作家にとって重要な通過点に

なるのではないかと思います。


通過点といえば、中年男性の一人称で語られる「押入れの傍観者」は、新

境地的な位置づけができると思います。 読書メーターの感想に「桜庭

一樹がややマイルドになった感じ。」
とお書きになっている方がいらっ

しゃいましたが、フムフムと肯いてしまいました。


島本理生公式ブログ

↑今度は期間限定ではないようです。



関連記事
スポンサーサイト
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


 

Re:「真綿荘の住人たち」 島本理生(02/28)

こんにちは。きたあかりさん早いですねー!
待ち焦がれた島本さんの新刊なので 当然買おうと思いつつ
図書館のリクエストの順番が意外とちょっとだったので
おもわず とりあえず…とリクエストを入れてしまい
まだ読めずにおりました。
むずむず! きたあかりさんの感想を伺って ますます楽しみになってきました。

 

kayokorinさん

こんばんはぁ~♪

>こんにちは。きたあかりさん早いですねー!

我慢できませんでした。 装丁もかなりツボっす(汗)

>待ち焦がれた島本さんの新刊なので 当然買おうと思いつつ
>図書館のリクエストの順番が意外とちょっとだったので
>おもわず とりあえず…とリクエストを入れてしまい
>まだ読めずにおりました。

この本は裏表紙もいいので、図書館でゲットしたらチェックしてみてくださいね。

>むずむず! きたあかりさんの感想を伺って ますます楽しみになってきました。

発売前に『文藝』で三浦しをんさんが絶賛していて楽しみにしていましたが、予想以上に楽しめました。 むずむずしながら順番をお待ちくださいませ(笑)

日記にも書き加えましたが、島本さんブログを始めたようです。 前回は期間限定でしたが今回はそのような感じではないようです。 

 

Re:「真綿荘の住人たち」 島本理生(02/28)

こんばんは!
島本さん作品は「大きな熊が。。。」以来読んでませんが、ふっと読みたくなりますねぇ。ことに、きたあかりさんが「めぞん一刻」などとからめて紹介されるとムズムズします。

 

Re:「真綿荘の住人たち」 島本理生(02/28)

こんにちはー☆
ひゃ~、この本ぜひ読んでみたいです~。
島本作品、どんどん文庫化すればいいのになぁ~とジリジリ待ってる感じです。
…むむ?
他の皆さんにならって、
ジリジリじゃなくムズムズ待って、というべきかも…?笑
とりあえずめぞん一刻を再読しながら文庫化を待ちます~

 

cyn1953さん

こんにちはぁ~♪
亀レスすんまそん。

>こんばんは!
>島本さん作品は「大きな熊が。。。」以来読んでませんが、ふっと読みたくなりますねぇ。ことに、きたあかりさんが「めぞん一刻」などとからめて紹介されるとムズムズします。

島本さんの読者は20代女性が多いと思いますが、そこに下宿なんていうものを持ち込んで来ちゃうところが
いいです。 

ドーデもいんだけど山本晋也監督にもそんなシリーズがありましたよね。下宿というのは無限の可能性を秘めた題材かもしれませんなぁ~(笑)

 

まる811さん

こんにちはぁ~♪
亀レスすんまそん。

>こんにちはー☆
>ひゃ~、この本ぜひ読んでみたいです~。

後半はちょいと重すぎるかなぁ~と思いますが、前半は心理描写の巧みな恋愛小説として楽しめると思います。 鯨ちゃんというキャラがいじらしくて好きです。

>島本作品、どんどん文庫化すればいいのになぁ~とジリジリ待ってる感じです。
>…むむ?
>他の皆さんにならって、
>ジリジリじゃなくムズムズ待って、というべきかも…?笑
>とりあえずめぞん一刻を再読しながら文庫化を待ちます~

ほい!ムズムズがおススメです。
ぜんぜんカンケーなくて恐縮ですが、先日テレビ埼玉(テレたま)のCMを見てタマゲました。 やっぱ千葉は埼玉に勝てないと思いました。 

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。