プロフィール

きたあかり

Author:きたあかり
文芸書中心の読書日記です。
読書傾向はフリーエリアの円グラフを見てください。 サイトのご案内

フリーエリア
ひとこと掲示板
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

-----(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
01-30(土)

「金輪際」 車谷長吉



地の下には三つの輪があって、この世を支えているという。その無限の底を金輪際という。世を厭い人を呪う生を送ってきた私の人生に、棘のように突き刺さり、今なお己れを狂わせる記憶の数々…。人間の生の無限の底にうごめく情念を描ききって慄然とさせる七篇を収録した傑作短篇集。



<感想> ★★★★☆

本書は車谷長吉さんの短編集です。 昨秋に読み始めて以来、車谷地獄

から抜け出せません。これ以上作品を読み続けると自分がトンでもない人

間になってしまいそうで怖いです。 誰か助けてください(笑)


さて、本書には表題作を含めて7つの作品が収められていますが、最後の

『変』が印象に残りました。 エッセイに限りなく近い私小説で、登場する人

物もすべて実名で書かれています。 とりわけ印象的なのは芥川賞の落

選を知らされたあと、人形(ひとがた)に選考委員ひとりひとりの名前(もち

ろん実名)を書いて、丑の刻参りをする箇所。 まぁ~創作だろうけど、

のオッサンなら本当にやりかねない・・
などと思わせるあたりが巧みです。 


しかし一方で、ところどころに出てくる「うちの嫁はん」にはニヤリとさせら

れます。 とにかく作品が売れなくて赤貧状態だった「私」は芥川賞の賞

金を家賃の更新に充てるつもりでいたという記述がありますが、それと丑

の刻参りを重ね合わせるとするなら、そこからもいくばくかのユーモアを

感じ取ることができます。 個人的には尾崎一雄の作風に似てなくもない

かなぁ~と思いました。


ちなみに「うちの嫁はん」は詩人の高橋順子さんです。
 
関連記事
スポンサーサイト
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


 

Re:「金輪際」 車谷長吉(01/30)

こんにちはー☆
あはははは!! 車谷地獄。笑
きたあかりさんの感想伺うと、なんだかおもしろそうで読みたいんですが、
あらすじを読むと、ちょっと具合のいい時じゃなきゃヤバそうだな…という気もします。
丑の刻参りをやりかねないオッサンが書いた小説だなんて、
笑っていいのか怖がるべきなのかわかりません。笑

 

Re:「金輪際」 車谷長吉(01/30)

こんばんは!

車谷地獄から助け出すわけにはいけませんが、私も地獄に飛び込んでみようと思っています。
共に溺れませゥ。(笑)

 

まる811さん

こんばんはぁ~♪

>こんにちはー☆
>あはははは!! 車谷地獄。笑

笑ってる場合じゃないです。助けてくれぇ~(涙)

>きたあかりさんの感想伺うと、なんだかおもしろそうで読みたいんですが、
>あらすじを読むと、ちょっと具合のいい時じゃなきゃヤバそうだな…という気もします。
>丑の刻参りをやりかねないオッサンが書いた小説だなんて、
>笑っていいのか怖がるべきなのかわかりません。笑

このひと、たしかに小説は巧いんだけど、書く内容がすごいんですよね・・具合の悪い時はもちろんですが、いいときでもヤバいので読んではいけません。(笑)

 

cyn1953さん

こんばんはぁ~♪

>こんばんは!

>車谷地獄から助け出すわけにはいけませんが、私も地獄に飛び込んでみようと思っています。
>共に溺れませゥ。(笑)

ぎゃ~アニキ!!マジでやばいですぜ。
でも来るんならフンドシ一丁で来てください。(笑)

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。