プロフィール

きたあかり

Author:きたあかり
文芸書中心の読書日記です。
読書傾向はフリーエリアの円グラフを見てください。 サイトのご案内

フリーエリア
ひとこと掲示板
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

-----(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
09-26(日)

「Herstories・彼女たちの物語」 榎本正樹



90年代後半以降にデビューした10人の女性作家が登場。語り、人称、言語、関係性、ジャンル、ジェンダー、物語、性など、「『現在』文学」が直面するさまざまな問題や論点が明らかになる。



<感想> ★★★★☆

本書は女性作家10人へのインタビュー集。

インタビュアは文芸評論家の榎本正樹さんです。

登場する作家は綿矢りさ/柴崎友香/島本理生/桜庭一樹/鹿島田

真希/三浦しをん/雨宮処凛/本谷有希子/青山七恵/金原ひとみ


の各氏。 いずれも現代小説を読んでいる方ならお馴染みの顔ぶれで

はないかと思います。 


さて、作家へのインタビューで読者が知りたいと思うことはさまざまですが、

個人的には個々の作品の背景が語られていると「お得感」を味わえます。 

読者はよほどのことでもない限り、あなたの作品のあそこが気になってい

るんだけど、そのあたりはどのよう解釈したらいいんですか? 
などと作

家に聞くチャンスはありません。 そのあたりをインタビュアーの榎本正樹

さんは読者目線で斬りこんで、作家から納得のいく答えを引き出していま

す。 しばしば、見当違いなインタビューに辟易とさせられることも多いわ

けですが、本書はそれぞれの読者にとってかゆい所に手が届くインタビュ

ー集だと思います。


インタビュー記事は07年~08年に掛けて「すばる」に掲載されたものです。 

各々の作家の最新作まで網羅しているわけではありませんが、それに近い

作品についても語られています。 育ち盛りの作家の「」を知りたい方に

おススメです。 

スポンサーサイト
 
09-26(日)

やんごとなき方


やんごとなき方がお見えになるので、ジャスコの駐車場が

お巡りさんだらけでした。 

あれだけ大量の警察車両を見たのは「西部警察」のオープ

ニング↓以来なので、たまげてしまいました。




せっかくなので、日本国民として、ひと目お姿を拝見しようと

思いましたが、床屋さんで髪を切っている間に、どこかに行っ

てしまわれたようです。

 
09-26(日)

「てとろどときしん」 黒川博行


「ようそんな口から出まかせを平気でいえますな。閻魔さんに舌ぬかれまっせ」「かまへん。わしゃ二枚舌や」。大阪府警の刑事たちが漫才そのものの大阪弁で事件を解決する。フグ毒により客が死んだ事件に端を発する表題作をはじめ、下着ドロの意外な真犯人を描く「飛び降りた男」など、傑作短編全6編を収録。


<感想> ★★★☆☆

本書は黒川博行さんの大阪府警シリーズの短編集です。 

大阪を舞台にした黒川作品の最大の魅力は、なんといっても軽妙な

大阪弁のやりとりにあります。

警察官を主人公にした作品はいくつかパターンがありますが、このシ

リーズに登場する警察官たちはやたらと楽しそうに仕事をこなしてい

ます。 そのあたりにリアリティーがないと感じるかもしれませんが、警

察官といえども人の子なわけで、こちらを読みなれてしまうとシリアス

の刑事モノのリアリティーは如何に?などと思ってしまいます。


そこそこ謎解きのセオリーも踏まえているし、黒川博行さんの入門書

としておススメできる作品集です。

 
09-20(月)

「ラジ&ピース」 絲山秋子



彼女の心は、何も入っていない冷蔵庫のようにしんと冷えていた―。それでも電波は、必ずラジオを見つけて鳴らす。女性DJの心を描く、絲山秋子の最新小説。




<感想> ★★★★☆

表題作は地方のFM局でパーソナリティー(DJ)をしている女性を主人公

にした中篇です。 絲山秋子さんの描く女性キャラはさまざまですが、この

作品の主人公は偏屈キャラです。 必要以上に他人と接することをせず、

常に冷めている自分を良しとするタイプですが、それはうちに抱える脆さを

知り尽くしたゆえの帰結だと言えます。 そんな主人公が変わっていく様子

を丁寧に描いていきます。 


私が特に面白いなぁ~と感じたのはラジオというメディアの特異性が語られ

ている点です。 テレビなどでは決してありえない送り手と受け手の距離感

や、FM局で活躍している局アナでもタレントでもないフリーの女性パーソナ

リティー(DJ)の存在などをとてもリアルに感じました。


絲山秋子さんもラジオ人間なのかなぁ~と思っていたら、群馬のFM局でレ

ギュラー番組を持っているとのことで、ちょいとぶっくりしてしまいました。


下記のリンク先から「おしゃべりカフェ木曜日」をクリックすると過去の放送

分が聴けます。 FMぐんま・Podcast


 
09-20(月)

「日本鉄道物語」 橋本克彦


鉄道に賭けた父子二代の熱き技術者魂を描く。草創期の蒸気機関車・磨墨からC53、D51を経て新幹線まで、島安次郎・秀雄の情熱は、燃えに燃えた。彼らが取り組んだ鉄道の仕事は、日本の近代技術史上の一大エポックとなった。外国の技術を日本の条件のなかへ移殖し、さらに発展させた父子のドラマを追う。


<感想> ★★★☆☆

本書は、明治初期から新幹線開業まで、二代にわたって鉄道に携わっ

た父子の姿を描くノンフィクションです。 


さて、突然ですが線路の幅って狭軌(1,067mm)広軌(1,435mm)の二

種類があるのはご存知でしたか? 現在、日本の鉄道のほとんどは一

部をのぞいて狭軌方式で運行されていますが、世界の大半は広軌方式

を採用しているようです。 国土の狭さとコストの点で狭軌方式を選択し

た日本ですが、速達性(スピード)と輸送性(乗車人員)の点において

軌方式
は圧倒的に劣り、欧米諸国の後塵を拝していました。 明治中

期から昭和初期に掛けて幾度か広軌方式への転換が叫ばれますが、

その中心にいたのが鉄道技術者の島安次郎です。 

国会でも審議されますが、さまざまな思惑のなか立ち消えになってしま

います。 島安次郎は鉄道院(国鉄)を去り、失意のうち昭和21年に生

涯を閉じます。


昭和33年。 かつて島安次郎が計画した広軌方式弾丸列車計画

もとにした新線の着工が交通関係閣僚協議会で決定されます。 

「東海道新幹線の早期着工」 

言うまでもなく新幹線には在来線と異なる広軌方式が採用されています。 

そのプロジェクトの中心にいた当時の国鉄技師長の名は島秀雄。 

広軌鉄道の夢を果たせぬまま亡くなった島安次郎の長男でした。


鉄道を含めた近代史に興味のある方、かつて「プロジェクトX」を毎週楽

しみにしていたという方におススメします。

 
09-19(日)

「天使のナイフ」 薬丸岳


生後五ヵ月の娘の目の前で妻は殺された。だが、犯行に及んだ三人は、十三歳の少年だったため、罪に問われることはなかった。四年後、犯人の一人が殺され、檜山貴志は疑惑の人となる。「殺してやりたかった。でも俺は殺していない」。裁かれなかった真実と必死に向き合う男を描いた、第51回江戸川乱歩賞受賞作。


<感想> ★★★★★

感想をUPし損ねていますが、薬丸岳さんを読むのは二作目になります。

ミステリーの書き手で、いわゆる本格モノが好きなミステリーファンも喜ぶ

ような仕掛けもなされていますが、登場人物の心理描写なども秀逸でミス

テリーをドラマとして読みたい読者の欲求も満たしてくれる作家さんです。


さて、本書は第51回江戸川乱歩賞受賞作。 少年犯罪をテーマにした作

品です。 妻を少年たちに殺された主人公が一転して疑惑の人になるとい

う設定で、ありがちといえばありがちな展開ですが、少年法の問題なども

含めてとても丁寧に描かれています。 他作品のレビューで何度も書い

ていますが、この手の作品にありがちな最後に読者をあっ!!と言わせ

りゃ文句はないだろう
的な手抜かりはいっさいありません。 


後半の展開はおぉぉぉ~という感じで急加速していきますが、著者がチョ

イスした少年犯罪というテーマがぶれることはありません。 エンターテイ

メントとしてもパーフェクトですが、少年法の問題に関しては賛否両論を併

記しながら真摯な問い掛けがなされているように思います。 

読み応えのあるエンターテイメントをお読みになりたい方に強くおススメし

ます。


余談ですが、高野和明さんの解説のなかで、日本推理作家協会のソフ

トボール大会に参加した折、
という箇所があります。 ポジションとか打

順が気になるのは私だけでせうか??(笑)
 
09-18(土)

「絲的メイソウ」 絲山秋子


「中学生で酒を、高校生でタバコを堂々とやっていた私だが、すき焼きの卵二つはだめだった」。ああ、人生は、なんでジグザグにしか進まないんだ!あっちにぶつかりこっちにぶつかり、ときに迷走、そして瞑想。いつも本気で立ち寄り、本気で考えた毎日を、偽ることなくセキララに描いた、絲山秋子の初エッセイ集。



<感想> ★★★☆☆

本書は絲山秋子さんのエッセイ集です。

一般的に、女性作家のエッセイの多くは女性読者を意識したつくりに

なっていることが多いように思いますが、一日にセブンスター三箱を灰

にしつつ、深酒をしている絲山秋子さんのエッセイはある意味でオッサ

ン向きです。 ユーモアたっぷりの爆笑系ですが、ところどころにトゲが

あってオッサンの私はそのトゲを心地よく感じました。 しかし、逆の言

い方をするなら、そのトゲを不快と感じる読者もいるかもしれません。 


作家になる以前、大手の住宅設備会社で営業職をしていた経験も随

所にちりばめられていて個人的には何度もフムフムと頷いてしまいま

した。


現在、絲山秋子さんは群馬県にお住まいのようです。 高崎と前橋の

遺恨とか、高校野球がやたらと盛り上がっているなど、知られざる群

馬の一面を垣間見ることができました。 

 
09-12(日)

ガリガリ君


今日はエアコンのお世話になることなく一日が終了しました。

しかし・・・・・

毎日のようにアイスを食べていた私は、今日もコンビニにアイスを

買いに行ってしまいました。 もうほとんど中毒状態です。 


アイスといえば、今夏はガリガリ君が品薄状態だったようですね。

赤城乳業のHPに行ったら、ガリ天なるページがありました。 

各地の最高気温を1ガリ、2ガリ、3ガリ、箱ガリという独自の指

数で予想しています。 

それによれば明日(月曜)の関東地方は・・・・・・・・・

箱ガリっす     

【ガリガリ君】 Ice Candy ミニメモ

【ガリガリ君】 Ice Candy ミニメモ

価格:126円(税込、送料別)

 
09-12(日)

「葬列」 小川勝己


不幸のどん底で喘ぐ中年主婦・明日美としのぶ。気が弱い半端なヤクザ・史郎。そして、現実を感じることのできない孤独な女・渚。社会にもてあそばれ、運命に見放された三人の女と一人の男が、逆転不可能な状況のなかで、とっておきの作戦を実行した―。果てない欲望と本能だけを頼りに、負け犬たちの戦争がはじまる!戦慄と驚愕の超一級品のクライム・アクション!第二十回横溝正史賞正賞受賞作。

<感想> ★★★★☆

小川勝己さんの作品は『撓田村事件』を読んで以来二作目になり

ます。 『撓田村事件』は横溝正史テイストとふんだんに盛り込んだ

作品でしたが、本書は奥田英朗さんの『無理』桐野夏生さんの『O

UT』
を足して二で割ったようなアクション作品です。 


主な登場人物は、マルチ商法で転落した主婦と気弱なやくざ。 そ

して若く孤独な女です。 『無理』『OUT』に勝るとも劣らない導入

部はおぉぉ~と唸るほど巧いし、マルチ商法で転落していく主婦のキ

ャラクターも際立っています。 ただ、気弱なやくざのキャラクターが

中途ハンパで最後まで違和感がありました。 加えて中盤での弛み

具合は冒頭の巧さが際立っているせいもあって、かなり退屈です。 


しかし、一気にトップギアに入ったような後半の加速感と、締め付け

るような緊張の高まりは導入部以上に読ませます。 特にアクション

シーンの描写は秀逸で、劇画を読んでいるような錯覚さえ覚えました。 


前半★★★★☆、中盤★★☆☆☆、終盤★★★★★。

じっくり小説を読みたいという方にはおススメしかねますが、劇画チッ

クな作品を読みたいとお考えの方なら楽しめる作品です。 最後の一

行でチビってくださいませ。
 
09-11(土)

「ドールハウス」 姫野カオルコ

たとえば、姉の食べ残しに弟が躊躇なく手を出せる―そんなふつうの生活を理加子は夢みている。軍隊にも劣らないほど強権な父親と、一度も家族を愛したことのない母親のもと、理加子は大屋敷家ただひとりの子供として“石の歳月”を過してきた。“不良になるから”という理由で、映画、読書はもちろん電話、手紙に至るまで禁止されてもなお、理加子は両親に逆らえない。そんな彼女の前に粗暴で強引な男性江木が現れ、次第に心を開いてゆくが…。子供から大人へ。集団から個へ。誰もが通過する家=家族との決別を綴った切ない物語。

<感想> ★★★★☆

本書は処女三部作の一作目です。 シリーズの主人公はいずれも

三十歳前後の処女という設定ですが、偏った倫理観持つ女性と言

い換えた方がわかりやすいように思います。 その倫理観を持つに

至った「抑圧」が共通のテーマです。


『喪失記』では宗教によって抑圧された女性の内省を赤裸々に描い

ていましたが、本書では封建的な父権性のもとで抑圧されている女

性を描いています。 ただ、父母に支配されている主人公の行動や

心理を理解することはかなり難しいのではないかと思います。 なぜ

なら、これほど厳格な父親や風変わりな母親にリアリティーがないよ

うに感じるからです。
 

しかし、リアリティーの基準は人それぞれです。 矮小化するなら「お

まえの家(ち)のそれってヘンだよ」
的価値観です。  人は成長の

過程で、その価値観から乖離せざるをえない時がやってくるわけで

すが、それってかなりの「気合」が求められます。 


このような層に、このような層に属していた者として、このような

層を掬いたかった。
 (著者あとがき) 

前段でも申し上げたとおり、この作品のメインテーマはそこにあるわ

けですが、ちょっと視点を変えるとそれなりのリアリティーが胸に迫

ってくるような気がします。 

 
09-07(火)

8月の書籍代


春先からよく観るようになったこのCM↓



earth  music & ecologyってなんじゃらほい

と思っていましたが、洋服屋さんだったんですね。

このCMは秋バージョンが放映されています。 

残暑はハンパなく厳しいわけですが、少しづつ秋

がやってくるのかもしれませんね。


       

というわけで8月の書籍代です。

8冊 4,315円   8月の満足度 34 

8月の読書メーター
読んだ本の数:8冊
読んだページ数:2540ページ

ドールハウス (角川文庫)ドールハウス (角川文庫)
「このような層に、このような層に属していた者として、このような層を掬いたかった」この家族関係をリアルと感じる読者は少ないと思いますが、リアルな人にとっては私たちが思う以上にリアルなのではないかと思います。 マイノリティーを異端と感じていることはないだろうか?自分自身に問いかけてみたくなりました。
読了日:08月30日 著者:姫野 カオルコ
激流〈下〉 (徳間文庫)激流〈下〉 (徳間文庫)
イロイロと申し上げたいこともありますが、これだけの長さでありながら最後まで緊張の糸が緩むことがないのは見事です。柴田よしきさんの作品は長ければ長いほどいいです。 没頭して読んでいると疲れますが「読みごたえ」と言い換えることもできます。
読了日:08月27日 著者:柴田 よしき
激流〈上〉 (徳間文庫)激流〈上〉 (徳間文庫)
読了日:08月23日 著者:柴田 よしき
反時代的毒虫 (平凡社新書)反時代的毒虫 (平凡社新書)
ブンガクの話。 お金の話。 「嫁はん」との句会。 どれをとっても車谷ファンにとっては魅力的でした。 中村うさぎをちょっと見直しました。 
読了日:08月20日 著者:車谷 長吉
ひそやかな花園ひそやかな花園
二年半ぶりの長編新刊。 空いている日を選んでイッキ読みしました。 導入部の展開はカズオ・イシグロの『私を離さないで』っぽいなぁ~と思いましたが、後半は角田パワー炸裂。 特に紗有美は十八番キャラです。 その選択は、もしかしたら後悔するものだったかもしれません。 しかし、そこには、選択したからこそ残されたものがあるはず。 そんなことを考えさせられました。
読了日:08月17日 著者:角田 光代
バーにかかってきた電話 (ハヤカワ文庫JA)バーにかかってきた電話 (ハヤカワ文庫JA)
初読みの作家さんです。 ハードボイルドの基本はしっかり踏襲している上に読みやすいです。 原りょうは新作が出ないし矢作俊彦も最近ハードボイルドを書いてない。 でも大沢在昌はちょっと違う気がする・・・・・とお嘆きの貴兄に。(笑い
読了日:08月11日 著者:東 直己
ふがいない僕は空を見たふがいない僕は空を見た
好みによると思いますが、R18文学賞受賞作の「ミクマリ」は勢いで書かれているように感じました。 しかし、それ以降の連作は申し分のない仕上がりです。 他の方もご指摘になっていますが一作ごとに巧くなっているように思います。 特に「セイタカアワダチソウの空」は秀逸です。 この賞からはホントにいい作家さんが出てきます。
読了日:08月04日 著者:窪 美澄
喪失記 (角川文庫)喪失記 (角川文庫)
私は今まで姫野カオルコさんをナメていたかもしれません。 というわけで勝手に「真夏のリアル・シンデレラフェア」開催中。
読了日:08月02日 著者:姫野 カオルコ

読書メーター

 
09-05(日)

ブックカバーの世界


数年前にブック○フでももらったブックカバーがおつかれ気味なので、

新しいブックカバーを・・・・と思ってあちこちを探していたら、ブックカ

バーの世界が思っていた以上にディープであることを知りました。


人気のブックカバー

吉祥寺にあるBOOKS ルーエのブックカバー。 キン・シオタニさん

の作品だそうです。 半年に一回色が変わるとのことですが、それを

目当てに本を買いにいく人もいるのではないか?と思うほどいいブッ

クカバーです。


ダウンロードできるブックカバー

集英社が夏の文庫フェアでやっていましたが、企業キャラクターモノ

や自治体のオリジナルなどたくさんあってぶっくりしました。

本の洋服屋

書皮の名刹

私は東京ますいわやという和装屋さんのブックカバーをダウンロード

してみました。 上から10番目です。


こんな感じになりました。↓

P1030925
P1030925 posted by (C)きたあかり


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。