プロフィール

きたあかり

Author:きたあかり
文芸書中心の読書日記です。
読書傾向はフリーエリアの円グラフを見てください。 サイトのご案内

フリーエリア
ひとこと掲示板
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

-----(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
04-29(水)

「さよなら、愛しい人」 レイモンド・チャンドラー

刑務所から出所したばかりの大男、へら鹿(ムース)マロイは、八年前に別れた恋人ヴェルマを探しに黒人街の酒場にやってきた。しかし、そこで激情に駆られ殺人を犯してしまう。偶然、現場に居合わせた私立探偵フィリップ・マーロウは、行方をくらましたマロイと女を探して紫煙たちこめる夜の酒場をさまよう。狂おしいほど一途な愛を待ち受ける哀しい結末とは?読書界に旋風を巻き起こした『ロング・グッドバイ』につづき、チャンドラーの代表作『さらば愛しき女よ』を村上春樹が新訳した話題作。


<感想> ★★★★☆

ご存知、清水俊二訳の『さらば愛しき女よ』の村上春樹訳バージョンです。

前回の『ロング・グッドバイ』では、清水訳に敬意を表しながらも村上春樹

テイストを色濃く反映されていたように思います。 感想でも訳の姿勢が違

うということを書きましたが、本書に関していうなら清水訳との相違点はそ

れほど多くないように感じました。 


『ロング・グッドバイ』では、チャンドラーファン。清水俊二ファン。 そして自

身のファンの三者を納得させる必要があったわけですが、今回はそのプレ

ッシャーから解放された結果ではないかと思います。 いい意味で訳者村上

春樹は黒子に徹しています。 あえて、相違点を探すとするならマーロウが

若く感じられる点ぐらいです。 初めて読むチャンドラーとしておススメできる

新訳です。


チャンドラーの小説のある人生と、チャンドラーの小説のない人生とでは、

確実にいろんなものごとが変わってくるはずだ。 そう思いませんか?


と訳者あとがきにありますが、激しく同意いたします。

スポンサーサイト
 
04-26(日)

ブック○フ買取り初体験


ここ数年、家族から顰蹙を買っている本を処分してきました。

とりあえず、今回は文庫本のみ。 一ヶ月ぐらい前から少しづつ

整理した本を近所のブック○フに持っていきました。

300冊ぐらいまでは数えましたが、実際に何冊あるかは謎です。


お店の台車を借りて搬入。 待つこと20分・・・・。

値段のついた本は205冊。 

買い取り金額は3090円でした。

値段のつかなかった本も入れると一冊10円弱。

ほとんど100円で買った本なので文句はありません。


これで、家族の冷たい視線から逃れられると思いましたが・・

「まだ、半分も減ってないから  」(奥様談)

 
04-19(日)

最近の読書生活


仕事はラクになり、日々定時退社ですが、めちゃくちゃ

自宅から遠いので、通勤時間がかさみ本を読む時間が確保できません。

二十日間で一冊しか読めていません。 いいかげん電車通勤を検討中です。


今読んでいる本は↓



「ぶ」で購入したのは瀧口直太郎訳(旧訳)なので、改行が少なくて

難航しています。 今月は二冊しか読めないかも・・・


明日届く予定は↓



村上春樹さんのチャンドラー新翻第二弾です。

嫌煙団体からクレームが来そうですが、装丁ピカイチです。

 
04-18(土)

「銀の砂」  柴田よしき


売れない作家の佐古珠美はかつて、女流ベストセラー作家・豪徳寺ふじ子の秘書だった。珠美は恋人の俳優・芝崎夕貴斗をふじ子に奪われ、彼女のもとを去った。夕貴斗はその後ふじ子とも別れ、いまは音信不通である。ある日、珠美のもとをフリーライターの男が訪ねてきた。夕貴斗のことを訊きたいという。なぜ今さら?過去が追いかけてくる。手に入れたはずの平穏な生活が崩れ始める―。女たちの悲劇を描く長編サスペンス。


<感想> ★★★★☆

奔放な女流作家、豪徳寺ふじ子(どーでも良いけどすげぇ~ペンネームです)

を軸にした物語の冒頭は恋愛小説を思わせますが、本書は心理描写の長け

たサスペンスです。 


前半が若干冗漫気味ですが、ストーリーがどのように展開してどこに着地する

のか?という興味で読者は引っ張られて行きます。 後半で語られる豪徳寺ふ

じ子の過去や彼女を巡る周囲の人間関係は柴田よしきさんの本領発揮。 冗

漫と感じた前半と相俟って、超一級の心理サスペンスに仕上げられています。 


私が申し上げるまでもないことですが、恋愛も結婚も主導権を握っているのは

女性です。 所詮、男はその掌で踊らされているに過ぎません。 そんな事を

再認識させてくれた一冊でした。
 
04-12(日)

ひたち海浜公園


茨城県のつくば市に用事があったので、ちょいと足を伸ばして

以前、リンク先の方が日記で紹介していたひたち海浜公園に行ってきました。

たくさんの花が植えられています。 写真をクリックすると拡大します。


チューリップは・・

6分咲きというところです。 来週末あたりが見ごろかな?


P1030099
P1030099 posted by (C)きたあかり



見晴らしの丘のネモフィラは・・

3分咲きぐらいだと思いますが、もうこれだけでも充分感動しちまいました。


P1030131
P1030131 posted by (C)きたあかり




200円で動きます・・

これを見ると『稲中卓球部』を思い出します。


P1030163
P1030163 posted by (C)きたあかり



 
04-04(土)

3月の書籍代


よくわからないけど、先週の選挙で日本一を目指すことになった千葉県民

のきたあかりです。

新知事はリニアモーターカー構想など大風呂敷を広げているようですが、

そんなものはいらないので、千葉県民600万人の前世紀からの悲願で

ある、某テーマパークの名称変更。

千葉ディ○ニーリゾート(CDR)を実現して欲しいものです。 

東京国際空港でも煮え湯を飲まされた我々、千葉県民の我慢もそろ

そろ限界です。 さらにパレードでの菜の花体操を義務づけて、ミッ○ー

マウスにも県民の一人として郷土愛を育んでもらうのもいい考えですね。


      


と言うわけで、3月の書籍代です。

面倒なので、今月から漫画も含めることにしました。

8冊 4800円 (@600円)

3月の読書メーター
読んだ本の数:8冊
読んだページ数:2010ページ

イキガミ 4―魂揺さぶる究極極限ドラマ (4) (ヤングサンデーコミックス)イキガミ 4―魂揺さぶる究極極限ドラマ (4) (ヤングサンデーコミックス)
久保センセイが何か企んでるし・・5巻も買っちゃうかも。
読了日:03月29日 著者:間瀬 元朗
イキガミ 3―魂揺さぶる究極極限ドラマ (3) (ヤングサンデーコミックス)イキガミ 3―魂揺さぶる究極極限ドラマ (3) (ヤングサンデーコミックス)
マンションのカーテンを開けたら桜が咲き乱れているシーンで泣きそうになりました。
読了日:03月28日 著者:間瀬 元朗
光

読了日:03月28日 著者:三浦 しをん
からゆきさん (1976年)からゆきさん (1976年)
読了日:03月18日 著者:森崎 和江
均ちゃんの失踪均ちゃんの失踪
読了日:03月17日 著者:中島 京子
ポトスライムの舟ポトスライムの舟

読了日:03月09日 著者:津村 記久子
日の名残り (ハヤカワepi文庫)日の名残り (ハヤカワepi文庫)

読了日:03月09日 著者:カズオ イシグロ
ファミリーポートレイトファミリーポートレイト

読了日:03月09日 著者:桜庭 一樹

読書メーター

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。