プロフィール

きたあかり

Author:きたあかり
文芸書中心の読書日記です。
読書傾向はフリーエリアの円グラフを見てください。 サイトのご案内

フリーエリア
ひとこと掲示板
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

-----(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
02-27(水)

「ペンギンの憂鬱」  アンドレイ・クルコフ

恋人に去られた孤独なヴィクトルは、憂鬱症のペンギンと暮らす売れない小説家。生活のために新聞の死亡記事を書く仕事を始めたが、そのうちまだ生きている大物政治家や財界人や軍人たちの「追悼記事」をあらかじめ書いておく仕事を頼まれ、やがてその大物たちが次々に死んでいく。舞台はソ連崩壊後の新生国家ウクライナの首都キエフ。ヴィクトルの身辺にも不穏な影がちらつく。そしてペンギンの運命は…。欧米各国で翻訳され絶大な賞賛と人気を得た、不条理で物語にみちた長編小説。

<感想> ★★★★★

著者のアンドレイ・クルコフは旧ソ連から独立したウクライナの作家です。

旧ソ連が解体後どのように変化しているのか把握していませんが、96年に

ロシア語で出版された本書は現代ロシア文学と位置づけられているようです。

私自身はチェーホフしか読んだことがありませんが、ロシア文学といえば・・・

・やたらと理屈っぽい。

・とにかくぶ厚い。

・登場人物の名前が長くて覚えられない。


というイメージを持っています。 これらはあくまで先入観というやつです。

しかし、先入観ほど怖ろしいものはありません。 

たとえば珍味界の最右翼と位置づけられている鮒寿司。 私は実際に食べ

たことはありませんが流布されている情報から鑑みて絶対にムリです。 

以前、三國連太郎さんがテレビで鮒寿司が大好物だとおっしゃっていました。

やっぱ三國連太郎はスゲェなぁ~鮒寿司食えるのか・・と思う一方で

息子の佐藤浩一も、美味いから食え!とか言われて強制的に食わされて

るんだろうなぁ~なんか気の毒だな・・
などと思ったりもするわけです。 

ひつこいようですが、私は鮒寿司を食べたことがありません。


さて、異様に前置きが長くなりましたが、本書は5頁も読めばそんな先入観は

吹き飛んでしまいます。 タイトルからシュールな作風を想像していましたが、

リアリズムで描かれた上品なエンターテイメントといった感じです。 文章も読

みやすいし主人公を取巻く登場人物も魅力的です。

舞台のキエフは旧ソ連崩壊後の混沌状態にありますが、イデオロギー云々と

いう読み方を強要されることもありません。 単純に物語を楽しむことのでき

る作品です。 


訳者あとがきでも触れられていますが、ロシアでも人気のある村上春樹さんの

影響を受けているようにも思います。 具体的な作品名をあげるなら『羊をめ

ぐる冒険』に近いものを感じました。 最近、面白い翻訳モノに出会っていない

とお思いの方にオススメです。 
 

スポンサーサイト
 
02-27(水)

「名短篇、ここにあり」 北村薫・宮部みゆき編


本の目利き二人の議論沸騰し、迷い、悩み、選び抜かれたとっておきのお薦め短篇12篇。半村良「となりの宇宙人」、黒井千次「冷たい仕事」、小松左京「むかしばなし」、城山三郎「隠し芸の男」、吉村昭「少女架刑」、吉行淳之介「あしたの夕刊」、山口瞳「穴」、多岐川恭「網」、戸板康二「少年探偵」など、意外な作家の意外な逸品、胸に残る名作をお楽しみ下さい。文庫オリジナル。


<感想> ★★★★☆

今、私のリンク先で最も読まれているのがこの本と、続編の『名短篇、さらに

あり』です。


さて、このアンソロジーのコンセプトは「意外な作家の意外な逸品」。 選者は

北村薫さんと宮部みゆきさんです。 

この12編の中では吉村昭の「少女架刑」のみ既読です。 質の高さに驚かさ

れましたが「吉村昭=ノンフィクション」という思い込みを覆された作品でもあり

ます。 今回驚かされたのは円地文子の「鬼」です。 「女坂」が印象に残って

いる私としては、このホラーっぽい展開にはびっくりしました。  

個人的には読んだことのない作家が多かったので比較のしようがありません

が、読んだ作家が多ければ多いほど新鮮な驚きがあるのではないでしょうか。 


単純に面白かったのは黒井千次さんの「冷たい仕事」、気持ちは痛いほど判

ります。 吉行淳之介の「あしたの夕刊」に『恐怖新聞』の原点を見てしまいま

した(笑)


このアンソロジーの版元は筑摩書房(文庫)ですが、老舗の良心のようなもの

を感じとりました。 新興勢力(特に幻○舎)に負けないで頑張って欲しいと

思います。
 

 
02-24(日)

「猛スピードで母は」  長嶋有


「私、結婚するかもしれないから」「すごいね」。小六の慎は結婚をほのめかす母を冷静に見つめ、恋人らしき男とも適度にうまくやっていく。現実に立ち向う母を子供の皮膚感覚で描いた芥川賞受賞作と、大胆でかっこいい父の愛人・洋子さんとの共同生活を爽やかに綴った文学界新人賞受賞作「サイドカーに犬」を収録。


<感想> ★★★★☆

長嶋有さんの作品は初めて読みます。


本書には、芥川賞受賞作の表題作と『サイドカーに犬』の二編が収められて

います。 二作とも、チョッと複雑な家庭に身を置く子供の視点でその家族を

描いていますが、舞台は昭和50年代前半です。 今でこそ様々なカタチの家

庭が存在していますが、昭和50年代前半において母子家庭、父子家庭とい

うのはクラスに1人いるかいないかという存在でした。 私自身もそのような環

境で育ちましたが、家庭環境に悩むことはほとんどありませんでした。 むし

ろ「家族=父母が揃っている」という価値観を持っている人たちと接することの

方に強いストレスを感じていました。 そのあたりを的確に表現していると感じ

ました。 


表題作では母子家庭の母親、『サイドカーに犬』では父親の愛人を描いていま

す。 子供の視線を通して語られる彼女達はパワフルですが、さりげなく言い放

つ言葉の端々に微妙な女性心理が垣間見えます。 私は読む前に長嶋有さん

は男性であると知っていましたが、もし知らなければ単純に巧い女性作家だなぁ

と感じたハズです。 よく「女を描くことの巧い男性作家」などという売り文句を目

にします。 正直言って、素直に肯けるのは北村薫さんぐらいだと思っていました

が長嶋有さんも勝るとも劣らない巧さです。


芥川賞受賞作ですが読者を選ばない作品です。 

最近イマイチ元気が出ないんだよねぇ~とお思いの女性の方、昭和50年代に

子供だった方に激しくオススメいたします。

 
 
02-19(火)

「青年のための読書クラブ」 桜庭一樹



東京・山の手の伝統あるお嬢様学校、聖マリアナ学園。校内の異端者(アウトロー)だけが集う「読書クラブ」には、長きにわたって語り継がれる秘密の“クラブ誌”があった。そこには学園史上抹消された数々の珍事件が、名もない女生徒たちによって脈々と記録され続けていた―。


<感想> ★★★★★

本書は、格式と伝統を重んじるお嬢様学校の「読書クラブ」を舞台にした連

作短編です。 クラブには門外不出の「暗黒の読書クラブ誌」が存在します。 

そこには1959年から2019年までの50年間に学内で起きた出来事が綴ら

れています。 1960、1969、1990、2009、2019・・象徴的な時代を切

り取り、そこに連綿と受け継がれている「暗黒の読書クラブ誌」で時代を結び

つけて行く。 その構成は『赤朽葉家の伝説』と似ていますが、改めて桜庭一

樹さんの時代を切り取る鋭さに、ただならぬものを感じました。


さて、「暗黒の読書クラブ誌」と銘打っていますが、そこに書かれているのはシ

ョッキングな事件でも世の中を動かす大きな事件でもありません。 圧倒的な

力で生徒を支配している生徒会。 華やかな生徒が集まり例年「王子」を産み

出す演劇部。 インテリヤクザの新聞部。 禁断の阿片窟である軽音楽部。 

そして校内の異端者が集う読書クラブ。 自意識の炎がメラメラと燃える彼女

達の密閉された世界においては、ほんの些細な出来事も窯変を遂げて伝説

と化してしまいます。 


本書は『少女には・・・』や『砂糖菓子の弾丸・・』とは違い、お笑い路線です。

しかし、その本質はこの二作と同様に今まで少女だった彼女達が、ある日いき

なり大人の入り口に立たされていること気がついてしまった戸惑いを描くことに

あります。 それこそがメラメラと燃える自意識の炎の正体なのではないかと思

います。 とは言ってはみたものの、当然ながら私は女子高生だった経験があ

りません。 女性の方であれば、このあたりをもっと深く読み込めるような気がし

ます。


余談ですが、以前「文芸部の謎」という日記をUPした時に、文芸部OG、OBの

方たちから貴重な情報を多数お寄せいただきました。 四半世紀近く経った現

在、母校の文芸部の活動内容を知る術を持ちませんが、もしかしたら彼女たち

も「暗黒のクラブ誌」のようなものを綴っていたのではないか・・などと考えてしま

いました。(笑)

 
02-18(月)

「童謡の謎2」 合田道人

第1章 あまりに哀しい童謡たち(花嫁人形―どうして花嫁御寮は泣くのだろう?/月の沙漠―沙漠の果ての人生行路 ほか)/第2章 あまりに恐ろしい童謡たち(かなりや―柳の鞭でぶたなくたって!/さくら―桜の花びらが赤いのは… ほか)/第3章 あまりに不思議な童謡たち(汽車ポッポ―時代がこの歌の詩を変えた!?/しょうじょう寺のたぬきばやし―伝説が作った面白おかしい証誠寺の歌 ほか)/第4章 あまりに妖しい童謡たち(一寸法師―はりで姫を助けた法師の実の姿は?/たなばたさま―短冊に書かれたこととは… ほか)

<感想> ★★★☆☆

誰しもが子供の頃なにげなく唄っていた童謡ですが、大人になって改めて歌

詞を読んでみると「それってどういう意味よ?」と感じることがあります。 それ

を検証する趣旨で書かれたのが「童謡の謎シリーズ」です。 現在、第三弾ま

で出されていますが本書はその二作目にあたります。


本書で取り上げられているのは・・

「花嫁人形」「月の砂漠」「オウマ」「島原の子守唄」「線路は続くよどこまでも」

「かなりあ」「さくら」「とおりゃんせ」「あんたがたどこさ」

「汽車ぽっぽ」「しょうじょう寺のたぬきばやし」「まめまき」「大きな古時計」

「一寸法師」「たなばたさま」「お月さんいくつ」



大正六年の「赤い鳥」創刊による童謡運動以降に作られた作品に関しては、

作詞者の背景や常に時代に翻弄され続けてきた童謡の来歴を交えて語ら

れます。 それ以前の唱歌やわらべ歌については、歴史的事実を踏まえて

著者独特の解釈を述べています。 著者の解釈を独善的だとする意見もあ

るようです。 私もその意見を否定するつもりはありませんが、著者の童謡

に対する愛着を感じることができました。 ここで書かれていることは、数多

くある見解のひとつであると考えれば面白く読めるのではないかと思います。


余談ですが、小学校の音楽で習ったもので気になっているのは「小さい秋

みつけた」
です。 特に二番の・・・・

おへやは北向き くもりのガラス。 うつろな目の色 とかしたミルク。

この本をきっかけにして、イロイロ調べてみるもの面白いかもしれません。

初音ミクが歌う四声合唱「小さい秋見つけた」(STEREO)

初音ミクに合唱曲「ちいさい秋みつけた」を歌ってもらいました

↑リンク先はYouTubeです。

「小さい秋みつけた」解釈1

「小さい秋みつけた」解釈2

  
 
02-17(日)

土曜日のお買い物


土曜日、会議で遠くまで行きました。

帰りにブック○フをみつけたので、さっそくお買い物。




先日、我慢できなくて新刊を買おうと思いましたが・・・




前から読みたかった一冊です。 
芥川賞作品の割には読みやすそうです。





今回の目玉。 久しぶりの新潮クレストです。
やたらと評判のいい作品なので!


月末に島本理生さんの『ナラタージュ』の文庫が角川から出るようです。

誰が解説を書いているのか気になります。


    


ぜんぜん関係ありませんが、現在沖縄のみで販売されている↓




発売40周年を記念して限定全国販売されているらしいです。



ちなみに現在のキャラクターは↓



ムショーに『愛の水中花』(←ふるっ)を聴きたくなりました(笑)


関連記事↓

見~つけた! ボンカレー“看板和服美女”はいま (夕刊フジ) 

 
02-15(金)

「ゴールデンスランバー」 伊坂幸太郎

仙台で金田首相の凱旋パレードが行われている、ちょうどその時、青柳雅春は、旧友の森田森吾に、何年かぶりで呼び出されていた。昔話をしたいわけでもないようで、森田の様子はどこかおかしい。訝る青柳に、森田は「おまえは、陥れられている。今も、その最中だ」「金田はパレード中に暗殺される」「逃げろ!オズワルドにされるぞ」と、鬼気迫る調子で訴えた。と、遠くで爆音がし、折しも現れた警官は、青柳に向かって拳銃を構えた―。


<感想> ★★★★★

帯に「伊坂的娯楽小説突抜頂点」と書かれている本書は伊坂幸太郎さんの

一年ぶりの書き下ろしです。 すでにたくさんの方が感想をUPされています

が、首相暗殺の濡れ衣を着せたれた男の物語です。 


さて、ハードパンチャーが多いミステリー(エンターテイメント)作家の中にあ

って、伊坂さんはあえてボディーブローを繰り出す戦法に出ているように思

います。 そのせいか、個人的には桐野夏生さんのようなスクリューパンチ

を得意技とする作家の作品と比較すると、キャラクターの掘り下げ方に不満

があります。 「描ききる=読み応え」だとすれば、本書も読み応えという点

ではイマイチです。 しかし、それはあくまでスタイルの違いです。 伊坂さん

は伊坂さんなりの方法で勝利を収めています。


伊坂さんのお得意のボディーブローとは何か?と問われれば天才的な構成

力と会話力。 そして読者を翻弄させる巧妙な伏線です。 

それらは本格ミステリーで基本とされていますが、一部の作品の中ではそれ

をローブロー(反則技)と感じてしまうこともあります。 本書に関して、巧妙

な伏線は全て正攻法で刈り取られています。 軽妙な会話とユーモアもピカイ

チです。 しばしば騙される帯ですが「伊坂的娯楽小説突抜頂点」に偽りはあ

りません。 特に 「そうだと思った」「痴漢は死ね」「キャバクラ嬢」「スタンプ」

の使い方は巧くて、泣きそうになっちゃいました。 

お読みになっていない方のために反転としますが、第三部のルポライターは

青柳本人だと考えて間違いないですよね? 最後まで事実を公にできなかっ

た無念さがここで解消しているように思います。 森の声・・・巧いです。


この点は読後気がつきましたが、それを思うと私の気がついていない伏線が

他にもたくさんあるのではないだろうか?などと考えてしまいます。 再読や再

々読に耐える作品だとも言えます。


伊坂ファンで未読の方がいらっしゃれば激しくオススメします。 

また、私のようにハードパンチャーのパンチを浴びすぎてパンチドランカー気

味になっている方にもオススメできる作品です。


タイトルになっているビートルズの"GOLDEN SLUMBER"

リンク先はYoutubeです。

 
02-10(日)

「BT ’63」 池井戸潤


父が遺した謎の鍵を手にすると、大間木琢磨の視界に広がるのは、四十年前の風景だった。若き日の父・史郎が体験した運送会社での新事業開発、秘められた恋…。だが、凶暴な深い闇が史郎に迫っていた。心を病み妻に去られた琢磨は自らの再生をかけ、現代に残る父の足跡を調べる―。父と息子の感動長編。


<感想> ★★★★☆

意味不明なタイトルですがBTはボンネット・トラック(装丁の絵に描かれていま

す)のことで、'63は1963年(昭和38年)のことです。 著者は『空飛ぶタイヤ』

で直木賞候補になった池井戸潤さんです。


さて、本書をひとことで言うならタイムスリップものです。 

感動系ですが、現代と東京オリンピック前夜をパラドックスで描く構成を用いて

ミステリーとしての要素もふんだんに盛り込まれています。 『空飛ぶタイヤ』で

も感じたことですが、端役にいたるまでキャラが立っているので文庫上下巻を

飽きることなく読み進めることができました。 


本書の舞台である東京オリンピック前夜と言えば、昨今の「三丁目の夕日」的な

世界を想像される方もいらっしゃるとと思いますが、本書に当時を知る人物の次

のようなセリフがあります。

「・・・昭和三十年代という、なんとも迂闊で、どこか人間臭くて、そして危なっ

かしい時代にあった闇だ。 その後の高度成長時代というのは、その闇を

食って太ったようなものさ。 時代は闇を確実に縮小させ、都会から閉め出

していった。 だが、あのころはあったんだ。 異形のものたちが跋扈し、悲

しみや喜びや、不安や怒りや、そんな感情をひっそりと、ときに温かく包容し

てくれる闇が、確かにあったのだ。」



兎角、「懐かしい」「ノスタルジー」で括られることの多い昭和三十年代ですが、そ

んな時代が持ち合わせていた二つの側面を垣間見ることができました。

BT(ボンネット・トラック)をご存知の方も知らないという方も、昭和30年代の大

田区、川崎近辺にタイムトリップしてみたいと、お思いであればオススメします。


余談ですが・・

この本の主役?

日野自動車TH10

脇役?

日野自動車コンテッサ

富士重工業スバル360

 
02-09(土)

「熱帯魚」 吉田修一


大工の大輔は子連れの美女、真実と同棲し、結婚を目指すのだが、そこに毎日熱帯魚ばかり見て過ごす引きこもり気味の義理の弟・光男までが加わることに。不思議な共同生活のなかで、ふたりの間には微妙な温度差が生じて…。ひりひりする恋を描く、とびっきりクールな青春小説。表題作の他「グリンピース」「突風」の二篇収録。


<感想> ★★★★☆

帯にある「とびっきりクールな青春小説」という売り文句が適切であるとは言い

ませんが、純文学系の吉田作品の中では読みやすい部類に入るのではない

かと思います。 


表題作を含めて3作が収められていますが、いずれもどこかが欠落している

若者が主人公です。 特に、優しさの中に潜むエゴを描いた表題作はピカイチ

です。 『悪人』や『ランドマーク』でも感じましたが職人世界の「現場」を描かせ

たら著者の右に出る作家はいないと思います。 女性はあまり経験がないと

思いますが、一度でも炎天下の仮設トイレで用を足したことがあるなら一頁目

から著者の巧さを堪能できると思います。 

一人称語りの『グリンピース』は村上春樹さんの初期の短編を読んでいるよう

な気になりました。 表題作の汗臭さが苦手であれば、まずこちらを読むことを

オススメします。 

最後の『突風』は私の地元が舞台でした。 こういう色っぽい奥さんがいるかど

うかは不明ですが、民宿の時給はメチャクチャ安いので、バイトの女の子に逃げ

られたというエピソードにはリアリティーを感じました(笑)

 
02-06(水)

作家占い&文庫占い


リンク先の方が紹介していた「作家占い」なるものをやってみました。

結果は・・・・川上弘美さん

ファンとしてはうれしい限りですが・・↓(汗)

● 川上弘美さんのあなたは自分の気持ちに正直で、自由奔放な生き方を好むタイプです。フィーリングと直感で行動しますから、周囲の意見や世間一般の常識にとらわれない、とても個性的な人だと言えるでしょう。自分なりのポリシーを持つあなたは美的センスにも優れていますから、メイクやファッションに光るものがあり、アピール上手です。ただそれは、寂しさの裏返しだとも言えそうです。周囲から注目されたいために自分の個性を押し出して生きているあなたは、心のどこかで注目されなくなったときの孤独を恐れています。そんな孤独を恐れて、遊びか本気かわからない恋愛を繰り返してしまうことも。自分の心と真摯に向き合うことが、幸せを掴むポイントになるでしょう。

● きたあかりさんの開運物まねは、鬼太郎の親父です!


ムムッ。 目玉オヤジのマネは得意です。


以前UPした「文庫占い」

こちらの結果は・・・中公文庫 

シブすぎます(笑)



 
02-04(月)

鉄道博物館


今週もお休みを消化するために、月曜日をお休みにしました。

関東各地では、 でしたが、私の住んでいるところはまったく降り

ませんでした。

しかも快晴 

これは有効に使わなくては・・・・


というわけで、以前から行きたかった鉄道博物館に行って来ました。

昨年の十月にオープンして以来、連日混雑しているとのことでしたが、

平日で雪がまだ残っているという条件が重なったせいか、それほど混

んでいませんでした。 


秋葉原にあったころは多少なりともアカデミックな雰囲気がありました

が、大宮は鉄道テーマパークという感じです。 それをどう評価するか

は人それぞれだと思いますが、子供時代にバリバリの鉄ちゃんだった

私は理屈ぬきで楽しめました。


特にすげぇ~と思ったのは、鉄道黎明期から現在に至るまでの車両が

並んでいるヒストリーゾーン。 それぞれの時代の車両が展示されてい

るのでちょいとノスタルジックな気分にひたれます。 もちろん車内に乗る

ことができるし、一部の車両は中で飲食ができます。 あちこちに食事の

できるフリースペースがありますが、ここでお弁当を食べるのがイチオシ

です。 館内でもお弁当を販売していますが一時過ぎで売り切れていた

ので、近くの駅でお好みのお弁当を買っていくといいかもしれません。


でも、大宮遠すぎるかも・・・(汗)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。