プロフィール

きたあかり

Author:きたあかり
文芸書中心の読書日記です。
読書傾向はフリーエリアの円グラフを見てください。 サイトのご案内

フリーエリア
ひとこと掲示板
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

-----(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
07-31(火)

7月の書籍代


最近、デジカメを持ち歩くようになりました。

なにか面白い被写体があれば・・・と考えていますが、

一日中車を走らせていて目に入るのは海と田んぼばかり。

田んぼといえば、時々水が湧き出ているのを見かけますが、こちらではヘン

なものが湧き出しています・・・・。

田んぼの真ん中にドラム缶があって、そこから家にビニールパイプ

が伸びています↓


ガス1



近くで撮ったものがこちらです。

もっと近くで撮りたかったんだけどヘビが怖いのでココまで↓


ガス2

実はこのドラム缶、天然ガスの簡易セパレーターです。

詳しい仕組みはわかりませんが、地中から湧き出ているガスを含んだ水を

この装置で気体と液体に分離しているようです。

二ヶ月ぐらい前に、都内の温泉施設で悲しい事故があった時に話題になり

ましたが、関東平野の地下には天然ガスが埋蔵されています。 

特に千葉県の南部は南関東ガス田があり埋蔵量も豊富だと言われています。 

基本的にはガス会社が管理して一般家庭に供給していますが、あちこちに

個人で作ったこのような装置があって各家庭で利用されています。




さて、前置きが長くなりましたが、今月の書籍代です。

10冊 3,999円

 7月の大当たり




 7月の当たり

  


スポンサーサイト
 
07-29(日)

今日のお買い物


期日前投票を済ませていたので、今日は朝からマッタリ 

夕方は、ちょいと足を伸ばして遠くのブック○フに買出しに行ってきました  


          



      


『金閣炎上』 水上勉 『蝶の舌』 マヌエル・リバス


明日は月曜です・・

一週間頑張りませう 


 
07-29(日)

「イッツ・オンリー・トーク」 絲山秋子



引っ越しの朝、男に振られた。やってきた蒲田の街で名前を呼ばれた。EDの議員、鬱病のヤクザ、痴漢、いとこの居候―遠い点と点とが形づくる星座のような関係。ひと夏の出会いと別れを、キング・クリムゾンに乗せて「ムダ話さ」と歌いとばすデビュー作。高崎での乗馬仲間との再会を描く「第七障害」併録。



<感想> ★★★★☆

本書の表題作は絲山秋子さんのデビュー作です。

芥川賞受賞作の『沖で待つ』は、働く女性が主人公でした。

私が今まで読んできた絲山作品もその類が多かったわけですが、表題作の

主人公はかなりのぶっ飛びキャラです。 併録されている『第七障害』が無難

な作品なのでそれと読み比べるとかなりトンガっています。 

好き嫌いが分かれる作品ですが、独特の面白味があります。

解説によれば、絲山作品は二つの系譜に別れるとのことなので、こちらの

系統も読んでみようと思います。


解説といえば、文庫版の解説を書いているのは作家でも評論家でもなく、一般

の書店員さん。 絲山さんが依頼したようですが、こういう人たちが純文学系

の作家を支えているんだなぁ~と思いました。



 
07-25(水)

夏休みの休憩難民


夏休みがはじまって、5日が過ぎようとしています。

就学されている子供さんのいらっしゃるご家庭は、お忙しいこととお察し

いたします。

我が家も明日から長女が合宿です。 明日は5時に起きて学校まで送り届

けたあと仕事に行きます。


梅雨明けはまだですが、夏休みがはじまったせいで、私が仕事で担当して

いる営業エリアもいつもと違う様相を呈してきました。

普段の昼休みやちょっと時間が空いたときは、海岸でひとやすみしています。 

長い海岸線には、車を乗り入れることもできる浜辺も多いので、休憩場所に

は事欠きませんが、すでに浜辺には海の家が建ち、平日でもサーファー達で

海岸はいっぱいです。 まして、梅雨が明けたら海水浴客が殺到して、今ま

で海岸で休憩をしていた営業マン達はイッキに難民化するというわけです。 


街中に日陰はないし、ファミレスに行く余裕もありません。

山奥はケータイが圏外で、上司にあらぬ疑いをかけられてしまいます。


というワケで今日は、いつもとちがうルートを走っていたら絶好の避難場所

を発見しました。


太東岬


灯台1


灯台


灯台の近くにある駐車場です。

山の上にあるので、今日は観光客をみかけませんでした。




 
07-25(水)

「黄金の島」 真保裕一


「命の洗濯をしてこい。わかるな、修司」。所属する暴力団の権力抗争から幹部の恨みを買った坂口修司。バンコクへと身を潜めたが、待っていたのは謎の刺客だった。度重なる襲撃をかわし、逃げたベトナムでシクロ乗りの若者と出会う。はたして修司に安住の地などあるのか。手に汗握る迫真の国際サスペンス超大作。



<感想> ★★★★★

真保裕一さんの作品は『ホワイト・アウト』がものすごくよかったので、時々読

んでいますが、正直言ってそれを上回る作品にめぐり合えないまま10年以上が

すぎました。 あくまで個人的な意見ですが、エンターテイメント作品としての

条件は充分に備えているものの、読み終えてしばらくすると、その内容を忘れて

しまう類の作品が多かったような気がします。


さて、本書の冒頭は組織を追われたヤクザが、海外に出されて命を狙われると

いう設定です。 二段組600頁という長さと、新堂冬樹作品的な展開に暗雲が立

ち込めましたが、主人公が逃れた先のベトナムでシクロ(乗り合い自転車)乗

りの少年たちと出会うあたりから話はイッキに面白くなっていきます。 


自らの命を賭してまでも黄金の国日本に行きたいと願う少年たちと、そんな日

本から逃れてきた主人公。 ベトナム戦争も終わり、社会主義政権のもと経済

成長が著しいとされているベトナムの光と影を見事に浮き彫りにしています。

この本を読み終えた後、偶然にもベトナム関係の映像と文章を目にしましたが、

作者の取材力の確かさを再認識しました。


ネタバレになるので詳しくは書きませんが、後半の船のシーンの描写力には、

度肝を抜かれました。 とにかく巧いです!!


読んだ後も、心に残るエンターテイメントを読みたいとお思いの方にオススメ

します。



 
07-25(水)

「恋するように旅をして」 角田光代



時間ができたら旅に出る。かばんひとつで、予定も決めずに。タイの長距離バスに乗り、ベトナムではコーヒー屋に通い、モロッコで道に迷い、アイルランドのパブでひとりビールを飲む。地図を読むのは苦手だけれども、旅するほどにその土地に恋していく。直木賞作家のフォト・エッセイ。



<感想> ★★★★☆

本書は角田光代さんの旅にまつわるエッセイです。

20代の頃、アジアを中心に一人旅をしていた角田さんは、筋金入りのバック

パッカーです。 バックパッカーのエッセイと言えば、沢木耕太郎さんの

『深夜特急』が筆頭にあげられますが、女性のバックパッカー自体が珍しい

せいか、女性の書いた旅行記やエッセイの数は決して多くはありません。 

それだけでも読む価値はありますが、独特の恋愛観なども語られているので

角田ファンなら充分に楽しめると思います。


ネパールで出会った日本人男性に「やらせてください・・」と頼まれたり、

スリランカのナマグサ坊主に連れ込まれそうになったりしながらも旅を続け

る角田さんは本当に意味で、恋するように旅をしているのかもしれません。 


 
07-23(月)

激安パソコン到着


ネット注文したパソコンが来ました 

購入したのは↓




本体74,500円で、プリンターと送料込みで80,000円でした♪

VISTAは、あんまり評判よくないから割り切って60,000円台のビジネスモデル

XPにしようかと思いましたが、やっぱVISTAかなぁ~と思いつつ・・・・

メモリが520Mなので、増設メモリ購入を覚悟してましたが、

案外サクサク動いてくれます。 

と言うものの、このパソのOSはVISTAのHome Basicという廉価版です。 

XPとドコが違うのかといえば・・・(汗)

きっと目に見えないところが進化しているに違いありません。

そうそう!!本当に大切なものは目に見えないんですよぉ~(汗・汗)

というワケでVISTAをご検討の方は、

Home premium以上をおススメいたします・・



 
07-21(土)

ご無沙汰してます


ついに先週、パソコンが天に召されました。

ネットで激安パソをゲットしましたが、納品は来週半ばだそうです。

来週の週末には復帰できると思うので、また遊んで下さいませ♪
 
07-10(火)

Fly Me To The Moon (In Other Words) -2007 MIX-


昼間、車の中でラジオをつけたらバラード調の

『FLY ME TO THE MOON』

が流れてきました。 

この歌声は・・・宇多田ひかるさんに違いない!

と思いさっそくチェック・・

『BeautifulWorld|Kiss&Cry』

というタイトルのCDに入っていました。 

発売日は8月29日とまだ先ですが、ダウンロード発売

していたので、さっそくダウンロードしました♪



オリジナルの『FLY ME TO THE MOON』の発売は1956年。

たくさんのアーティストにカヴァされています。

最も有名なのはフランク・シナトラのカヴァ。

最近まで、CMに使われていたのでご存知の方も多いと思います。

ついでなので、代表的なカヴァを聴いてみました。

リンク先で試聴できます。


宇多田ヒカル『Fly Me To The Moon (In Other Words) -2007 MIX-』


阿川泰子『FLY ME TO THE MOON』


Frank Sinatra『Fly Me To The Moon』


Don Shelden『Fly Me to the Moon』


Nat King Cole『Fly Me To The Moon (In Other Words)』


Smokey Robinson『タイムレス・ラヴ』

 
07-09(月)

「卵の緒」 瀬尾まいこ


僕は捨て子だ。その証拠に母さんは僕にへその緒を見せてくれない。代わりに卵の殻を見せて、僕を卵で産んだなんて言う。それでも、母さんは誰よりも僕を愛してくれる。「親子」の強く確かな絆を描く表題作。家庭の事情から、二人きりで暮らすことになった異母姉弟。初めて会う二人はぎくしゃくしていたが、やがて心を触れ合わせていく(「7’s blood」)。優しい気持ちになれる感動の作品集。


<感想> ★★★★★

本書は瀬尾まいこさんのデビュー作です。

以前から読みたいと思っていましたが、ついに文庫化されたので速攻ゲット

した次第です。 

さて、本書のテーマは人と人との繋がりです。 

表題作では親子。 「7’s blood」では姉弟。 たしかに一般的な定義を満た

しているとは言えない家族関係ですが、その定義にどれほどの意味があるの

か? そして家族(人)の繋がりについて考えさせられる作品です。 


デビュー作というと「荒削りである」などという評論家の常套句があります

が、この作品を読む限り、瀬尾まいこという作家の目指している姿勢は確立

しているように思います。 技巧に走ることなく、素朴で読者の心に沁みる

小説。 瀬尾さんが描く家族には共通するキーワードが隠されていることに

読者は気がついていると思いますが、その原点がこの作品集に込められてい

ます。 


文庫化にあたり、解説をあさのあつこさんが書いていますが、この解説がピ

カイチです。 ハードカバーで読んだから・・・とおっしゃる方もこの解説を読

むだけで420円(税込み)を出す価値はあります。 

瀬尾ファンで未読の方がいらっしゃれば、今すぐ本屋さんに行くべきです!


余談ですが、折り返しに著者近影が・・・・まい子先生の生徒になりたいも

のです♪
 
07-08(日)

「メタボラ」 桐野夏生



日本の社会に未来はあるのか? ニート、請負労働者、ホスト、バックパッカー……。〈自分探し〉の果て、下流社会を漂流し続ける若者たち。記憶を失くした青年は、ゼロからの〈自分探し〉=新しい〈自己創造〉の旅に出る。桐野夏生が新境地に挑んだ最新長編小説。



<感想> ★★★★★

本書は桐野夏生さんの最新刊。

ハードカバー600頁、税込み2,100円に尻込みしていましたが、イッキ読みし

ちまいました。 

記憶喪失の主人公ギンジが、沖縄で似た境遇の若者ジェイクと出会うとこ

ろからはじまります。 主人公はナニモノなのか?という謎を含みながらロード

ムービー風に展開していく前半は、主人公のギンジとジェイクとの掛け合いを

通じて、現代の若者の気質のようなものを炙り出しています。

後半は、ギンジが沖縄にたどり着くまでが明らかにされていきます。

小説として読むなら、前半に圧倒的な巧さを感じますが、現代の若者がおかれ

た現状や、少しづつ社会から疎外されて行く過程がテーマになっている後半

も読み応えがあります。 


団塊、しらけ、新人類、団塊Jr・・・

「今の若い奴らは・・」という常套句があります。 新人類と呼ばれたバブル

世代の私は、上の世代の人たちからそんなコトをよく言われたし、まったくそ

の通りだったりするわけですが、ここ数年社会の入り口に立たされた世代にそ

の言葉が当てはまるようには思いません。 若者の姿はその時々の社会を色

濃く反映しているものです。 


『グロテスク』がベストだと感じる私にとって桐野作品の魅力は、いつ爆発す

るかわからない毒を内に秘めたキャラクターと、それらを容赦なく描く潔さで

す。 それと比較すると若干の迫力不足は否めませんが、ある世代を根こそぎ

破壊つくそうとする社会に対するアンチテーゼを強く感じました。 


桐野ファンはもちろん「今の若い奴らは・・」などと感じているオトナの方に、

読んでもらいたい一冊です。


余談ですが、タイトルを見た奥さんがひとこと・・・

やっぱ気にしてるんだぁ~

だから・・メタボリックじゃないつーの!! 
 
07-08(日)

「翳りゆく夏」 赤井三尋


「誘拐犯の娘が新聞社の記者に内定」。週刊誌のスクープ記事をきっかけに、大手新聞社が、20年前の新生児誘拐事件の再調査を開始する。社命を受けた窓際社員の梶は、犯人の周辺、被害者、当時の担当刑事や病院関係者への取材を重ね、ついに“封印されていた真実”をつきとめる。第49回江戸川乱歩賞受賞作。



<感想> ★★★★☆

2003年の乱歩賞受賞作。

設定が好みなので前から気になっていた一冊です。


二十年前の誘拐事件と現在を交錯させながらストーリーが展開していきます。

ミステリーで最も重要なのはプロット(筋立て)です。 どちらかというとキャ

ラクターで読む傾向の強い私は「もっと人物丁寧に描けよ!」というミステリ

ーが多いのも事実ですが、本書は20年前の事件を調査する大新聞の窓際記

者、当時事件に携わった刑事、子供が誘拐された病院の院長など魅力的なキャ

ラクターが数多く登場します。 


半分ぐらい読むとおぼろげながら結末が見えてきますが、最期にきっちり辻褄

合わせる運び方はミステリーとしては秀逸です。 ただ、必ずしも一連の輪の中

で結末を出すという制約に拘る必要なないような気がしました。 別の言い方を

すれば、そんな制約を無視しても充分楽しめるということです。


キャラの立っているミステリーが読みたいなぁ~と思っている方にオススメです。
 
07-07(土)

「日々是作文」 山本文緒


31歳の私に、10年後の私をこっそり教えてあげたい―。離婚して仕事もお金もなかった31歳から、直木賞受賞&再婚してしまった41歳まで。絶品の恋愛小説で読者の心を搖さぶり、出口の見つからない切なさを描いてきた著者も、日々様々な思いに搖れながら「微妙なお年頃」を過ごしてきた。激動の10年間を綴ったエッセイ集。



<感想> ★★★★☆

角田光代さんと山本文緒さんは、本を開く女性読者に緊張感と覚悟を強いる

作品が多いように思います。 

本書はそんな山本文緒さんの31才から41才までの10年間に書かれたエッセイ

をまとめたものです。

主に、女性誌に連載されていたものと文芸誌に書かれたものですが、後者は

個性の強い作品を書く人っていったい・・・という好奇心を満たしてくれる

し、村上春樹と吉本ばななが好きだったフツーのOLがいかにして直木賞作

家になったか?という軌跡のようなものが描かれています。 

女性誌に書かれたものは、山本文緒流の箴言を爆笑しながらもフムフムと納

得してしまう自分がいました。

ファンの方はもちろん、女性の方に強くオススメいたします♪  

 
07-07(土)

『山背郷』 熊谷達也


「山背」とは初夏の東北地方に吹く冷たい風のことをいう。その山背が渡る大地で様々な厳しい営みを続け、誇り高く生きる男たち。マタギ、漁師、川船乗り、潜水夫…。大自然と共生し、時に対峙しながら、愛する家族のために闘う彼らの肖像を鮮やかに描き、現代人が忘れかけた「生」の豊饒さと力強さを謳う九編の物語。作家の原点が凝縮された傑作短編集。


<感想> ★★★☆☆

『邂逅の森』で直木賞を授賞した熊谷達也さんの短編集。

昭和20年代の東北地方を舞台にして、潜水夫、漁師、川船運搬など自然と

共生しながら逞しく生きる人々を描いています。 


私自身、昭和20年代を知らないし東北地方の出身でもありませんが、ここ

に描かれた物語を懐かしいと感じながら読み進めました。 時代によって人

は変化して行きます。 恐らく終戦の直後の日本人と今の日本人ではモノの

考え方の乖離は私が思う以上です。 しかし、それを懐かしいと感じるのは、

そこに日本人の原点のようなものが描かれているからだと思います。 登場

人物達が語る言葉も魅力的です。


ただ、著者にとっては分岐点になった作品のようですが『邂逅の森』を読んだ

あとだと、迫力に欠けます。 まぁ~それだけ『邂逅の森』がヨカッタという

ことですが・・・・。

『邂逅の森』を読もうかなぁ~と思っている方は、まずこちらから読んでみて

くださいませ。




 
07-07(土)

「夢の回廊」 梁石日

男は長年忘れていた記憶を繰り返し夢で見ていた。それは五十数年前、終戦直後の朝鮮長屋で過ごした少年時代。殺害された友人が警察の裏庭で乱暴に解剖され内臓を引きずりだされた姿だった。次第に現実と夢の境界が曖昧になった男は、殺戮と快楽が同じと思い始めていく…。表題作ほか六篇、醒めない悪夢の果てにある暗黒世界を描く傑作短篇集。



<感想> ★★★☆☆

20年ほど前、在日コリアンの作家といえば李恢成さんぐらいでしたが、

さまざまな職業を経た後、タクシードラーバーを経て作家になった梁石日

(ヤン・ソギル)さんが、出版界に果たした役割は非常に大きいのではな

いかと思います。 

さて、本書の前半は終戦直後の大阪が舞台です。

人間が持っている醜い部分をストレートに描く梁石日さんですが、この作品

でも容赦なく発揮しています。 すべての方にオススメというわけではあり

ませんが、この筆力に圧倒されることは間違いないと思います。

 
 
07-07(土)

「パーク・ライフ」 吉田修一


公園にひとりで座っていると、あなたには何が見えますか?スターバックスのコーヒーを片手に、春風に乱れる髪を押さえていたのは、地下鉄でぼくが話しかけてしまった女だった。なんとなく見えていた景色がせつないほどリアルに動きはじめる。日比谷公園を舞台に、男と女の微妙な距離感を描き、芥川賞を受賞した傑作小説。


<感想> ★★★☆☆

本書は、吉田修一さんが芥川賞を授賞した表題作と『flowers』という作品が

収められた短編集です。

芥川賞作品の表題作は日比谷公園を舞台にした都市小説です。 アーウィン・

ショーの作品を彷彿とさせる感じですが、私の読解力が不足しているせいかイ

マイチ良さを見つけることができませんでした。 スター・バックスも5年前

までは都会の象徴だったかもしれないけど・・・・

『flowers』の方は、なかなかいいキレのある作品で、私が文春関係者なら迷わ

ずこちらを推します。

 
07-05(木)

137回芥川賞・直木賞候補作


第137回芥川賞、直木賞の候補作が発表になりました。

芥川賞ノミネート作品

円城 塔「オブ・ザ・ベースボール」(文學界六月号)

川上未映子「わたくし率 イン 歯ー、または世界」(早稲田文学0)

柴崎友香 「主題歌」(群像六月号)

諏訪哲史   「アサッテの人」(群像六月号)

前田司郎「グレート生活アドベンチャー」(新潮五月号)

松井雪子「アウラ アウラ」(文學界三月号)

芥川賞ノミネート作家の略歴



直木賞ノミネート作品

      


         


北村 薫「玻璃の天」(文藝春秋)

桜庭一樹 「赤朽葉家の伝説」(東京創元社)

畠中 恵 「まんまこと」(文藝春秋)

万城目 学 「鹿男あをによし」(幻冬舎)

松井今朝子 「吉原手引草」(幻冬舎)

三田 完「俳風三麗花」(文藝春秋)

森見登美彦 「夜は短し歩けよ乙女」(角川書店)

直木賞ノミネート作家の略歴

桜庭一樹さんが、ついに直木賞候補になりました。

ここ数年、ジュニア(児童)文学出身の作家が授賞する傾向が強いように

思いますが、ライトノベルからの道筋が出来たことになります。


森見さん、万城目さん、畠中さんの三氏は、過去一年間最も脚光を浴びた

作家だと思います、なんといっても前回に引き続いての

ノミネートである北村薫さんです。

まさかということはないと思いますが・・・・


選考会は7月17日17時からです。


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。