プロフィール

きたあかり

Author:きたあかり
文芸書中心の読書日記です。
読書傾向はフリーエリアの円グラフを見てください。 サイトのご案内

フリーエリア
ひとこと掲示板
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

-----(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
10-31(火)

「ドラママチ」 角田光代

ドラママチ

妊娠、恋愛、プロポーズ…女はいつも何かを待っている。中央線沿線の「マチ」を舞台に、小さな変化を「待つ」ヒロインたちの8つの物語。
【目次】
コドモマチ/ヤルキマチ/ワタシマチ/ツウカマチ/ゴールマチ/ドラママチ/ワカレマチ/ショウカマチ


<感想> ★★★★☆

角田光代さんの最新(たぶん)短編集です。

女が求めているのはドラマなのだ!

という帯の一文に惹かれて購入しました。

ドラマを「待つ」ヒロイン。 それぞれの舞台になる中央線沿線の「街」

を掛けた「ドラママチ」というタイトルもいいけど、内容を垣間見せる装

丁はめちゃくちゃセンスがいいと思います。

最近、人を見下したくて見下したくてたまらない。 見下しているあいだは

気分がいい。 しかしこれはよろしくない兆候だ。 まったくよろしくない

と思う。(ヤルキマチ)


ちょっと前に読んだ「太陽と毒ぐも」は比較的若い世代の恋愛を描いていまし

たが、本書のヒロインは30代後半から40代の主婦や独身女性です。 引用

したのは「ヤルキマチ」の冒頭です。 このままじゃイケナイと思いつつもな

かなか能動的になれない。でも、能動的になれないのにはワケがある。 だか

ら彼女達はそれぞれの「街」で次のドラマを「待つ」。 そんな話が8編収め

られています。

角田さんお得意のヒロインの内面も巧く描けていますが、それぞれの舞台にな

る中央線沿線もよく描けていると思います。 

あんまり時間は変わらないけど黄色い各駅停車に乗るよりオレンジ色の快速

に乗りたがる心理・・・ 

23区内より現実的なマイホーム・・・・ 

ファミレスよりも喫茶店・・・・

その街で暮らす人々・・・・


まぁ~基本的にはいつもの角田作品なんだけど『ワカレマチ』だけはちょっと

違う感じでした。 

ヒロインと同世代の女性の方、喫茶店好きな方(いろんな喫茶店が思い入れた

っぷりに描かれています)にオススメです♪


 
スポンサーサイト
 
10-30(月)

にほんブログ村の読書日記


 ブログランキング・にほんブログ村へ というのに参加してみました 

以前 バナー に登録しましたが、あまりにも登録数が多くて・・・・・

私が登録したカテゴリーの にほんブログ村 本ブログへ の参加者は1600人ですが、

実際に更新しているサイトは三分の一ぐらいだと思います。

さらにサブカテゴリーの にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ は参加者92名です  

似たサブカテゴリーの「書評・レビュー」も参加者74名と少なめです 

他の人の感想を読ませていただく利点は、本の情報を手に入れら

れる点と、こういう読み方もあるんだぁ~と思えるところです  

「楽天」以外ではどんな人がどんな感想を書いているのかなぁ~と

思われている方にオススメです 

私はスグ飽きちゃうかもいれませんが・・・








 
10-29(日)

川上弘美さんの新作


長女を友達の家まで迎えに行った帰り 読みたい本がある

というので久しぶりにフツーの本屋さんに行きました

体育会系 の長女は滅多に本を読まないので、どんな本を買う

のかなぁ~?と思っていたらこんな本を買ってました↓


恋空(上)恋空(下)



私もお給料(おこずかい)が出たばかりなので

調子に乗って川上弘美さんの新作  を買いましたぁ~

真鶴(まなづる)


↑アフィリ画像は普通に見えますが、実は函入り 

manaturu

なんかゴージャスな雰囲気ですぅ~
 
10-29(日)

コイン精米


お米  がなくなったので近所の人からもらったお米を精米してきました 

普段は精米した無洗米を使っているので、玄米でもらってもなぁ~・・

と思っていたんだけど、近所に無洗米対応のコイン精米機が登場しました 


精米機



都会の方はご存じないと思いますが、ローカル地域ではあちこちに

プレハブ小屋のコイン精米所(無人・24時間営業)というのがあります 

同じ県内でもコイン精米所の有無が田舎か都会かの判断基準になっていま

すが、とても便利ですぅ~  


 
10-29(日)

「重力ピエロ」 伊坂幸太郎

重力ピエロ

兄は泉水、二つ下の弟は春、優しい父、美しい母。家族には、過去に辛い出来事があった。その記憶を抱えて兄弟が大人になった頃、事件は始まる。連続放火と、火事を予見するような謎のグラフィティアートの出現。そしてそのグラフィティアートと遺伝子のルールの奇妙なリンク。謎解きに乗り出した兄が遂に直面する圧倒的な真実とは―。溢れくる未知の感動、小説の奇跡が今ここに。


<感想> ★★★★☆

巷ではやたらと評判の伊坂さんですが、正直言って個人的にはイマイチ

というのがホンネです。 メタファー(暗喩)もそこそこ巧いしセリフも心地

いいんだけど村上春樹さんには到底及ばないし、リアリズムが希薄なせ

いか感情移入が難しいというのがその理由です。 『死神の精度』のよう

に特殊な主人公ならシュールな持ち味がうまく作用すると思うのですが・・・

本書に関しても前半はイマイチで「バタイユやガンジーの薀蓄傾けるな

ら春の内面をしっかり掘り下げろよ!」という気分で読みすすめましたが、

最後の50頁でストンと落ちて納得しました。 ネタバレになるので詳し

くは書きませんが不可解な春と泉水の兄弟の絆、そして低トーンで描かれ

ている父親や母親の言動がボクシングのジャブのように効いてきます。 

結末に関しては賛否両論あるようですが、勧善懲悪のミステリーとしてで

はなく家族小説として読むとそれほど違和感がないのではないかと思いま

す。 さらに付け加えるなら伊坂作品のツボのようなものがなんとなく理

解できた一冊でした。 

 

 
10-28(土)

ハロウィン


先日、リッチ層の方が多くお住まいの  新興住宅地で

飛び込み営業していたら、やたらとカボチャの飾り付けが・・・

そうそうハロウィンなんですね 

子供の頃ハリウッド映画で見たときはなんじゃらホイと思っていましたが、

日本でもハロウィンは確実に広まっていることを実感しました 

 クリスマスもこんな感じで広まっていったのでしょうか?




 
10-22(日)

windows vista



奥さんから貰い受けた  XP機が遂に壊れてしまいましたぁ~ 

今は以前使っていた  W98機でアクセスしています 

思い切って新しい  を買おうかなぁ~と思っているんだけど

1月に新しいOS<windows vista>が出るようなので二の足踏んでます 


 
10-21(土)

久しぶりのお買い物・・


またもやご無沙汰しております

10日ぶりの更新ですが生きています 

帰宅して  を立ち上げますが、時間内にできない仕事をするためで、

遊びの道具が仕事の道具になってしまいましたぁ~ 

週末も送別会や歓迎会など  の嵐です。

今日も昼間は  でした 

 の帰り、久しぶりにブック〇フに行ってきました 

その日のまえに

105円コーナーでみつけました  


重力ピエロ

文庫になってたんですね! 在庫豊富でした


ドナウよ、静かに流れよ

これも文庫になってました! 大崎さんのノンフィクションは期待大です 


ビューティフル

画像がなかったのでハードカバーですが、文庫の表紙はもうちょっとジミです


ドラママチ

角田光代バンザイ 

でも、読む時間があるのかどうかはわかりません・・・


 
10-11(水)

成人病検診


今日は成人病検診に行ってきました 

友達とランチ  をして午後は家でゆっくりする予定でしたが、

職場から  が・・・・

4時から仕事になってしまいました・・・ 

バリウムを飲んだので下剤を飲んだんだけど大丈夫かなぁ・・・・

すげぇ~不安ですぅ~ 

帰りにブック〇フに寄って来ようかなぁ~

そうそう  愛知県民のみなさんおめでとうございます 


 
10-08(日)

鐚э式鐚


先週の月曜から異動先でお仕事をしています。

初日は一日会議でしたが、二日目からはハードな外回り営業に出ています 

ハード営業部門は新設なので、新車が用意されていました。

早速、スズキ・Keiのシートに掛けられているビニールシートを剥がして

出発しようとしたら・・・

さらに・・・・

なっ!なんとDVD  をみることの出来る最新式のカーナビまでついて

いるではありませんか・・  

さっそくカーナビの案内で片道1時間半のところまで出かけて一仕事済ませ

たあと、他の営業所のハード営業部門に配属された同僚に電話  をした

ところ......

「なに、サボってるんだよ・・新しい営業車にはGPSがつけられている

って噂だぜ!仕事しろよ!!」


という返事が・・・・・

GPSというのは、ひと昔前のハリウッド映画にもありましたが、私の車

の位置や走行状態などが衛星を通じて本社のパソコン  の画面で見ら

れるという恐ろしい装置です。  新車やカーナビで喜んでいた私が

おバカでした。

さすがの私もテキトーな営業日報を書く術には長けていますが、人工衛星

から身を隠す術は持ち合わせていません  

今、人工衛星と格闘しながら読んでいる本は・・・↓

沼地のある森を抜けて

 
10-08(日)

「星への旅」  吉村昭著

星への旅改版
 
平穏な日々の内に次第に堆積する倦怠と虚無感。そこから抜け出すために集団自殺を企てる少年達を描く太宰賞受賞作の表題作。しなやかなロマンティシズムとそれを突き破る堅固な現実の出会いに結実した佳品6編。



<感想> ★★★★☆

先日亡くなった吉村昭さんの初期作品集です。

ノンフィクションで多くの作品を遺している作家ですが、個人的には初期の

ほのぼのとした私小説が好きです。 この本も読んだような気がしていまし

たが未読でした。

さて、この作品集は、意識的に死の匂いを漂わせているせいか、どの作品の

どこを読んでも最近の文芸作品では感じることのできない緊張感を強く感じ

ます。 表題作の『星への旅』は、昨今多発している集団自殺について書か

れていますが、この作品の初出は昭和41年。 集団自殺という考え方はこの

当時からあったんだなぁ~と改めて感じました。 なんとなくその集団に加

わってしまった主人公の心の葛藤がよく描けています。 高橋たか子さんの

『誘惑者』という作品を思い起こしました。

他に印象的だったのは献体に回される少女の死後の視点で描く『少女架刑』。

それと対をなす『透明標本』。 解説には詩的残酷美と書かれていましたが、

ちょっとというか、かなりグロいです。 ただ、緊張感を強く感じられると

いう点ではこの二作はかなり秀逸です。 

客観的に作品を読むスタイルの方にはオススメできますが、感情移入して読

むとかなり憂鬱な気分にさせられると思います。 というわけであまりオス

スメはしません(汗)
 
10-01(日)

9月の書籍代


早いもので今日から神無月  一ヶ月でこんなに涼しくなるなんて、

季節のうつろいを感じる今日この頃です 

最近、トミリー・ジョーンズの出ている缶コーヒーのCMについつい

見入ってしまいます。 

現在の放映は宅配便編ですが、ディスカウントストア編と工員編もツボを

押さえていていい出来でした。 今後の展開に期待します。

というわけで・・・・

9月の書籍代

3冊 1,810円

3冊は記録を取って以来もっとも少ないかも・・・・

今月の大当たり 

ミーナの行進

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。