プロフィール

きたあかり

Author:きたあかり
文芸書中心の読書日記です。
読書傾向はフリーエリアの円グラフを見てください。 サイトのご案内

フリーエリア
ひとこと掲示板
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

-----(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
12-30(日)

2012 年間ランキング

早いもので2012年も残り二日となりました。

今年読んだ本は196冊。
2月から10月まで蟄居していたので、もう少し読めると思っていましたが例年の1.5倍程度でした。 どうせ毎日家にいるんだからいつでも読めるじゃん・・という気持ちになるせいなのでせうか?

というわけで私の年間ベスト20は以下の通りです。
画像をクリックすると読書メーターの詳細ページに飛びます。


2012.jpg

1位 『ラブレス』
直木賞候補になった時点で気になっていましたが、装丁とタイトルから想像の出来ない読み応えでした。 女性三代のストーリーはもちろんですが、女性をここまで泥臭く描いた点がツボでした。

2位 『終わらざる夏』
今までほとんど知られることなかった占守島の戦闘をテーマに元自衛官の著者が描く群像劇。 これを書きたかった!!浅田次郎さんの想いがダイレクトに伝わる重厚な作品でした。

3位 『かなたの子』
ここしばらく大御所になって丸くなっちゃった??という作品が多かった角田光代さんでしたが、血と土の匂いのする異色の作品集はキレ味抜群でした。 泉鏡花文学賞授賞に激しく頷きました。



7位 『ぴんぞろ』
アンソロジーで偶然読んだ戌井昭人さん。 ここ数年芥川賞候補になっていますが、ガチガチの純文学ではないゆる~い場末感が激しくツボりました。 他の作品にも出てくるいい加減な感じのキャラクターがすごくイイです。

9位 『炭鉱に生きる』
明治~昭和初期の炭鉱を画と文章で記録した著者はノンフィクションライターでも画家でもない筑豊の炭鉱夫です。 長らく絶版でしたが、著者の遺した記録がユネスコの世界記憶遺産に登録され新装版が出ました。
作中に出てくる麻生は元首相の生家。 それを踏まえると「近代日本を根底で支えた魂の記録」的な言い方もできるわけですが、朴訥な語り口とヘタウマ調の絵が近所の爺サマの昔語りを聴いている気分にさせられます。まさに良書と言うに相応しい作品です

19位 『つげ義春の温泉』
著者が旅をした昭和40年代~50年代の湯治場の様子が描かれています。 文章、漫画、写真を駆使して描かれる湯治場の貧乏臭さは天下一品です。 
絶版が悔やまれますが、ここで書かれた大半の湯治場は現在でも健在です。

20位 『カレチ』 週刊『モーニング』月一連載中
昭和40年代後半からの国鉄を舞台にした作品です。 当初は単なるノスタルジー鉄ちゃん漫画として読んでいましたが、ここで描かれる仕事の本質や無骨なオッサン達の姿は鉄道の世界に留まるものではありません。 
ここ数年労働環境は厳しくなるばかりで、ともすればそれに翻弄される毎日だったりもします。 仕事をする本当の意味を考えさせてくれる作品です。 
スポンサーサイト
 
07-18(水)

図書館グルメその1 千葉県立東部図書館編

図書館は本好きにとってテーマパークだっ!!
という視点で、いつも行っている図書館と周辺のB級グルメ情報をUPしていきます。

第一回は千葉県立東部図書館です。

千葉県には3つの県立図書館があって、それぞれの役割が分担されています。

中央図書館(千葉市中央区) 調査研究のための専門書・辞典・基本書などを所蔵
西部図書館(松戸市)     自然科学・技術・工学分野などを所蔵
東部図書館(旭市)       新刊書を中心に文学、歴史の分野を所蔵


千葉県立東部図書館基本データ

千葉県立東部図書館
千葉県立東部図書館 posted by (C)きたあかり

資料(本)の予約・受取は中央西部東部の三館相互で利用できますが、文芸書は東部図書館にしかありません。 そのせいで県立図書館はお世辞にも使い勝手がいいとは言えません。 ほとんどの千葉県民は居住地や勤務地、通学先にある市立図書館を利用しているのではないかと思います。 しかし、利用者が少ないので穴場といえば穴場です。 市立図書館では予約100人以上の新刊本がフツーに書架に並んでいたりします。 


場所 千葉県旭市 (県の北東部。千葉市内から車で90分)


大きな地図で見る

利用案内
↑千葉県内に居住・在勤・通学している方なら貸し出しサービスを受けられます。 (二週間5冊まで)
ネット予約も可能。 カーリルと連携しています。

館内施設
↑ご覧の通りゴージャスです。

※ポイント
飲食できるスペースもあるので、食料持参なら一日中遊べます。
郊外ならではの広大な駐車場。
司書(職員)の人たちの対応が親切です。
市内に市立図書館もあるので、こちらは土日でも空いています。
文芸誌はバックナンバーも含めてそろっているので、芥川賞チェックもできます。


近隣のB級グルメスポット 
図書館から750メートル 車で3分程度 (地図下段)

「支那ソバ へいきち」

DVC00004
DVC00004 posted by (C)きたあかり

シンプルイズベストの醤油ラーメンは650円。
近頃、油ギトギトラーメンが多いとお嘆きの貴兄に・・・
スープは最後の一滴まで飲み干せます。 

メニューは「支那ソバ」一品のみ!!
大盛り・トッピング・麺の太さの指定ができます。
通常麺でも十分細いです。 
お若い方には大盛り(100円増し)をおススメします。

人気店なので土日は混んでいるようです。
営業時間等は↓グルメ情報をご覧ください。

グルメ情報

へいきち お店外観
へいきち お店外観 posted by (C)きたあかり



より大きな地図で 無題 を表示

 
07-17(火)

=速報=第147回芥川賞・直木賞発表

第147回(平成24年上期)芥川賞・直木賞が決定しました。

芥川龍之介賞

鹿島田真希さん 「冥土めぐり」



直木三十五賞

辻村深月さん 「鍵のない夢を見る」


芥川賞は本命が来ました。
直木賞は穴でした。
 
07-06(金)

第147回芥川賞・直木賞候補作発表

第147回(平成24年上半期)芥川賞・直木賞の候補作が発表になりました。


芥川龍之介賞候補作品

戌井昭人  「ひっ」

鹿島田真希 「冥土めぐり」

鈴木善徳   「河童日誌

舞城王太郎 「短篇五芒星」

山下澄人   「ギッちょん」




鹿島田真希さんは4度目のノミネート。 舞城王太郎さんと戌井昭人さんは3度目です。
初ノミネートの山下澄人さんは戌井昭人さんと同じく演劇界の方です。 
個人的には戌井昭人さんイチオシですが、鹿島田真希さんあたりが本命かな?


選考委員は都知事(石原慎太郎)と黒井千次さんのお二人が外れて、
堀江敏幸さんと奥泉光さんのお二人が参加されます。




直木三十五賞候補作品

朝井リョウ 「もういちど生まれる」(幻冬舎)

辻村深月 「鍵のない夢を見る」(文藝春秋)

貫井徳郎 「新月譚」(文藝春秋)

原田マハ  「楽園のカンヴァス」(新潮社)

宮内悠介 「盤上の夜」(東京創元社)



辻村深月さんと貫井徳郎さんが三度目のノミネートです。
原田マハさんはこの作品で山本周五郎賞(←新潮の直木賞っぽい賞)を受賞しています。 
おそらく、ここ数年では最も平均年齢の低い直木賞ではないでしょうか?個人的には貫井徳郎シフトだと思います。 辻村深月さん山本周五郎賞では前回のノミネート作が高評価だったようですが、こちらではめちゃくちゃ言われてたんですよね。 さて、いかがなものでせうか?


直木賞候補作はすべて既刊です。 図書館予約はお早めに!!

 
06-21(木)

記事転載

カーリルに書いた読書レシピが早稲田文学会の出している「WB」というフリーペーパーに転載されました。


P6160269
P6160269 posted by (C)きたあかり


興味があったらご覧になってみてください。

大手書店や図書館などに置いてあるようです。

「WB」(早稲田文学編集室)

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。