プロフィール

きたあかり

Author:きたあかり
文芸書中心の読書日記です。
読書傾向はフリーエリアの円グラフを見てください。 サイトのご案内

フリーエリア
ひとこと掲示板
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

-----(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
12-04(土)

電子書籍端末発売!!


12月10日にソニーから「Sony Reader」
DOCOMOから「GALAXY Tab」が発売になるそうです。


「Sony Reader」はパソコンで購入(DL)した電子書籍
をケーブルで載せ換える電子書籍専用端末です。
通信機能はありません。

・重たい本を持ち歩かなくていい。

・増え続ける本で家族から顰蹙をかわないですむ。(家庭円満)

・機械だから、壊れたらどうするんだよ!!~状態。

・この機械を買うとすると、いったい何冊の本が買えるんだよ!状態。

パソコン経由なので、通信費の負担がない。

・モノクロ画面だけど、特殊インク使用で乱反射なく読める。

・今すぐ買って読みたい!と思ったときでも家に帰ってパソコンに繋が
 ないとDL(購入)できない。

・当然ながら、読書専用端末なのでそれ以外の使い道がない。(上位
 機種はミュージックプレイヤーとしても使えます)






「GALAXY Tab」はスマートフォン。

基本的に「I-phone」と変わりませんが、画面が電子書籍
を意識した大きさになっています。

・重たい本を持ち歩かなくていい。

・増え続ける本で家族から顰蹙をかわないですむ。(家庭円満)

・機械だから、壊れたらどうするんだよ!!状態。

・この機械を買うとすると、いったい何冊の本が買えるんだよ!状態。

・「I-phone」の画面は小さくて本を読むには適さないし、「I-pad」はデカ
 すぎるうえに恥ずかしいからムリ。


・あくまでスマートフォンなので、オールマイティーに使える。(←そもそ
 もこれ電話ですから・笑)


・今すぐ買って読みてぇ~と思ったときに、読むことができる。

・通信費の負担は毎月5,985円(docomoスマートフォン定額通信の場合)
 すでにIモードパケ放題契約でも月に1,575円の負担増。

・画面はカラーだけど乱反射が心配。(小説や漫画はモノクロで充分)




各々、独自に書籍販売を展開するようです。

既存サイトから推察するなら、販売価格は1~2割安というところでしょうか?

品揃えは各々20,000冊前後だそうですが、そのうち文芸書と漫画の占める

割合はどれくらいでしょうか?

果たして20,000冊は多いのか?少ないのか?

スポンサーサイト
 
05-15(土)

ipadと電子書籍


ちょっと前から気になっていましたが、月末にipadが発売になります。



ワイヤレスでダウンロード&閲覧可能。

既存の携帯端末(PDA)と比較すると画面が大きい。

電子書籍との相性も良さそうです。


とにかく、溜まっていく本に関して家族から叱責を受け続けている

身分としては、解決策になるのではないかと購入を検討しました。


まずは本体です。

大きさは単行本一冊分ぐらいの大きさですが、かなり薄いつくりに

なっています。仕様

本を読むのはこんな感じになるようです。 なかなかいい感じですね。

本体価格は49,800円~です。 


次にソフトです。

現在、国内にはいくつかの電子書籍ストアが存在します。

価格は紙の本と比較すると1~2割安めに設定されています。

ただ、小説に関して言うなら圧倒的に品数不足です。

今のところappleiTunes Storeの書籍版を日本で立ち上げる

気配は見受けられません。


最後に通信費です。

ソフトバ○クのプランには多くのトラップが仕掛けられてい

ます。 私のような素人にはよくわかりませんが月額5,000円

程度だと思われます。ipad専用定額プラン


以上の条件に私の個人的な事情(小説が読みたい・ビンボーで

ある)加味するとするなら、その必要性を強く感じることがで

きませんでした。


ちなみにその他の代表的な電子書籍システムは


Amazon Kindle


端末はAmazonで販売している電子書籍の

みのダウンロード、閲覧になりますが、本

体の実売価格は25,000円程度でダウンロ

ード時の通信費はAmazonで負担するため

無料です。 モノクロ画面ですが、小説を読むには何の問題もあり

ません。 ただ、最大の問題は日本語に対応していないという点です。

私の場合、学生時代から洋書に親しんできました。 というはもちろ

ウソなので絶対にムリです。



iPhone

これもappleのサービスですが、ケータイ自体を

iPhoneに変えればいいだけで、電子書籍に近

づくもっとも現実的な手段かもしれません。 

画面が小さいというデメリットがありますが、無

料の「青空文庫」を閲覧できるアプリもあるようです。 

ただ、最終的にはダウンロードできるソフトの不足に行き着きます。



そんなことを書いていたら、一昨日注文した本が届きました。

困りました・・・  

とりあえず車の中に隠匿することにします。
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。