プロフィール

きたあかり

Author:きたあかり
文芸書中心の読書日記です。
読書傾向はフリーエリアの円グラフを見てください。 サイトのご案内

フリーエリア
ひとこと掲示板
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

-----(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
05-28(月)

ごぼう茶

天気が良かったので、ごぼう茶なるものを製造してみました。

工程1) ごぼうを良く洗う(皮はむかない)

工程2) ピーラーなどでささがき状にする(←修業かと思いました)

工程3) ↓乾燥させる(屋外で半日程度)

P5230217
P5230217 posted by (C)きたあかり


工程4) 乾燥させたゴボウをフライパンなどで焙煎する。(焦がさない程度に)

完成↓

P5280242
P5280242 posted by (C)きたあかり

飲み続けると20歳若返るというです。

スポンサーサイト
 
05-24(木)

転職支援

二月から消化し続けた年休残が1ヶ月を切ったので、

会社が紹介してくれた転職支援会社に行ってきました。

50代のオッサン2人、アラフォー女性が2人。 それにおいら。 

見知らぬ5人でガイダンスを受けてきました。

みなさんとお話をしたら、それぞれ立派なキャリアをお持ちでした。

それにくらべておいらは・・・・・。

ちょいと不安になってきたバイ。


 
04-15(日)

文体診断

文体診断なるサイトを発見しました。

試してみたら、私は直木三十五に応援されているようです。

エンタメ読みとしては畏れ多い事でございます。(笑)

 
03-20(火)

最近のわたし (画像あり)

今日は春分の日です。

まごまごしていると今月も終わってしまいそうです。

さて、私は今月ついに4×歳になってしまいました。

そんな私に、ここしばらくある変化が訪れました。

書くと長くなるので、写真で説明します。↓


ちょっと前までの私
ちょっと前までの私・このように見えていました posted by (C)きたあかり


最近の私
最近の私・このように見えてしまいます posted by (C)きたあかり


これはどういうことで、どのように対処したらいいのでしょうか?

1.目を酷使しすぎ。  静養のため何もしないで一日中寝てすごす。

2.気合が足らない。バッティングセンターに行き動体視力を鍛えるべき。

3.老眼である。   とりあえず眼鏡屋さんに行くべき。



今日のおまけ

最近、ネットで話題になっているらしいです。

私はちょっと泣いちまいました。










 
07-17(日)

「コクリコ坂から」 観てきました。


昨夜、スタジオジブリの最新作『コクリコ坂から』を観てきました。

公開初日で混んでいるだろうと思いレイトショーに行ったわけですが、

館内はスカスカ。 ちょっと肩透かしをくらった感じでした。






東京オリンピック直前の横浜が舞台の本作は高校二年生の女の

子が主人公です。 母親に代わって下宿屋を切盛りする主人公

の日常や高校生活。 淡い恋が語られていきます。 正直言って

ストーリーはかなり淡々としています。 ジブリ作品なので、小さい

子供さんもご覧になると思いますが、恐らく退屈と感じてしまうはず

です。                     

単にストーリーだけを追うのであれば、この物語に共感できるのは、

主人公たちと同じ団塊世代の方だけということになってしまいます。 


『コクリコ坂から』あらすじ・公式サイト


それを踏まえて、この作品の優れた点をあげるとするならアニメーシ

ョンで再現されている高度成長期の日本の姿と、その時代を生きて

いる人たちに対するオマージュということになるかもしれません。 

ただ、こめられたオマージュは単なるノスタルジーではないような気

がします。  


小説で言うなら行間ということになると思いますが、断片的に繋ぎあわ

された街の光景や、登場人物がなにげなく交わす言葉のやりとりの中

に、自分に向けられた「なにか」を見つけることができれば、ラストに流

れる曲が胸に沁みてくるのではないかと思います。

もう一回見たら泣いちゃいそうな気がします。(たぶん)





余談ですが、主人公の父親が乗っていたLSTについては

梁石日さんが『海に沈む太陽』で詳しく書いています。 

どのような船でどのような人達が乗っていたのか? 本筋で

は触れられていませんが、キーワードのひとつになるかも

しれません。 


映画「コクリコ坂から」公式サイト

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。